実写版Netflix「 幽遊白書 」第4話考察レビュー、妖狐蔵馬vs鴉 / 飛影vs武威、大迫力の名シーンは必見

当ページの画像はIMDbまたは公式サイトより引用
  • URLをコピーしました!

文・ライター:@三浦まさひろ

物語も終盤に差し掛かってきた実写版「 幽遊白書 」

注目のバトルシーンが満載の、第4話レビューをお届けします。

あわせて読みたい
実写版Netflix「 幽遊白書 」第3話考察レビュー、戸愚呂兄弟&幻海が遂に登場   文・ライター:@三浦まさひろ 今回の「 幽遊白書 」実写化にあたり、一番注目されていたの「戸愚呂兄弟」をどう映像で再現するのか。 いよいよ注目の戸愚呂兄弟が登場...
目次

幽遊白書

©︎幽遊白書

あらすじ

首縊島にやってきた幽助たちは、それぞれ別々に敵と戦う。牢(ろう)に閉じ込められた螢子は、そこで出会った雪菜とともに逃亡を図る。

公開日

2023年12月14日

上映時間

56分

予告編

キャスト

  • 月川翔(監督)
  • 浦飯幽助:北村匠海
  • 蔵馬:志尊淳
  • 飛影:本郷奏多
  • 桑原和真:上杉柊平
  • 雪村螢子:白石聖
  • ぼたん:古川琴音
  • 雪菜:見上愛
  • 鴉:清水尋也
  • コエンマ:町田啓太
  • 幻海:梶芽衣子
  • 左京:稲垣吾郎
  • 戸愚呂兄:滝藤賢一
  • 戸愚呂弟:綾野剛
  • 武威:荒井敦史
  • 温子:伊藤歩

公式サイト

幽遊白書

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

実写版 – 幽遊白書(第4話)考察レビュー

©︎幽遊白書

蔵馬と鴉

©︎蔵馬:志尊淳

バトルシーンがメインの第4話。

まず注目すべきは、蔵馬と鴉の戦いです。

鴉を演じるのは、映画「 東京リベンジャーズ 」でも注目を集め大活躍中の若手俳優、清水尋也。

ロン毛に黒マスクという目を引くビジュアルで、第3話に少しだけ登場した時から、異様な存在感を放っていました。

蔵馬を演じた志尊淳の、リングハーネスを使い「 バク宙三回ひねり 」を披露したアクションは、日本で初となる試みだったそうです。

バトル系アクションゲームの世界が実写化されたような、見ごたえたっぷりの蔵馬と鴉の戦いは、何度でも見たくなるクオリティで必見です。

飛影と武威

©︎飛影:本郷奏多

続いて、飛影と武威の戦いも注目です。

大きな斧を使う武威のバトルシーンは、思わず声を上げてしまうほどの大迫力。

体格の差から不利なことが分かる飛影と武威の戦いですが、飛影は最終手段として隠していた右手から、邪王炎殺黒龍波を披露します。

CGで再現された龍をまとう飛影は、アニメから出てきたようなビジュアルで、このシーンを再現できる本郷奏多の唯一無二の存在感が素晴らしい。

桑原 vs モンスター&戸愚呂兄

スクロールできます
©︎桑原和真:上杉柊平
©︎戸愚呂兄:滝藤賢一

カッコよすぎた蔵馬と飛影のバトルシーンに比べて、いい味を出しているのが桑原の戦いです。

巨大モンスターを前にして、弱いながら螢子と雪菜を守り、男を見せる桑原。

さらに変幻自在の戸愚呂兄を前にして、絶体絶命の状況でも戦い続ける桑原の一生懸命さが人間らしく、本作に良い存在感を出しています。

VFX技術によって変幻自在に変化する戸愚呂兄を演じる、滝藤賢一の表情だけで醸し出す不気味な演技も見ものでした。

まとめ

バトルシーン満載で、物語の終盤に差し掛かってきた第4話。

次回はいよいよ最終話となる、第5話のレビューをお届けします。

あわせて読みたい
実写版Netflix「 幽遊白書 」第5話考察レビュー、幽助 vs 戸愚呂弟!続編に期待したい   文・ライター:@三浦まさひろ タイトル:最終話を迎えた実写版「 幽遊白書 」 最強の宿敵、戸愚呂兄弟の弟との闘いが見どころの、第5話レビューをお届けします。 http...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェア
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次