【 ワンダーウーマン1984 】ガル・ガドット 新コスチュームを公開

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

ブログ更新89日目に突入しました。

久しぶりのDC映画の話題です。

MCUシリーズ作品が多いので、どうしてもMCU関連の記事が多くなってしまいます。

とはいえ、DC映画のネタがないかといえば、そうでもないです。

今回は、ワンダーウーマン1984について。

サクッといきましょう。

新コスチューム

ワンダーウーマンでダイアナ・プリンスを演じるガル・ガドットは、Instagramに新コスチュームを投稿しました。

なんと、ゴールデン ウーマンになっているではありませんか。

神々しい姿に驚いたファンも多いかと思います。

なぜアーマーがゴールドになったのでしょうか。

気になりますね。

おそらく何らかの形でパワーアップしたからだと考えられます。

このゴールデンアーマーをみて、ぼくの頭に浮かんだのは映画『インモータルズ 神々の戦い』で登場したゴールデン騎士たち。

Photo by IMDb

もはや聖闘士星矢(セイントセイヤ)

ペガサス流星拳でてきそうです。

ダイアナ・プリンスの身に何が起こったのでしょうか。

今作のヴィランは、チーターです。

女性ヒーロー vs 女性ヴィラン 

盛大なバトルを期待しましょう。

作品情報

Wonder Woman

Photo by IMDb

公開日

2020年6月5日(全米)

日本公開は未定

キャスト

キャスト
  • パティ・ジェンキンス(監督)
  • ガル・ガドット
  • クリス・パイン
  • コニー・ニールセン
  • ロビン・ライト
  • ペドロ・パスカル

予告編

発表まち

公式サイト

未定

コメント

ワンダーウーマン1984については、今のところ情報が少ないので、新情報がありましたら追記していきますね。

まとめ

パティ・ジェンキンスもツイッターで投稿していますね。

スーサイド・スクワッドの次に公開された、前作ワンダーウーマン。

スーサイド・スクワッドが駄作だったので、DCEUの今後はどうなるかと思いました。

とはいえ、ワンダーウーマンが良作だっただけに希望がもてました。

アクアマンも、傑作でしたねえ。

この流れに続きたいところではあります。

エンドゲーム公開により、帝国を築きつつあるマーベル。

ぼくは、どちらかというとDC派なので、今後のDC映画に期待しています。

DCEUシリーズについて、まとめました。