Netflixドラマ「 ウェンズデー 」第1話レビュー、シーズン2も配信決定!

ウェンズデー
  • URLをコピーしました!
管理人
今回は、ペンネーム@LEDMAXIさんからの投稿レビューです。

アダムス家 – 長女ウェンズデーの青春ハイスクール・ディテクテブ・スリラー。

ティム・バートン癖(へき)好きには堪らない世界観。

反抗期から思春期への怒り、戸惑いと華々しさは世界共通である。

それをゴシック視点で楽しもう。

画像の引用元:IMdb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)
目次

ウェンズデー (第1話)

ウェンズデー
©︎ウェンズデー

あらすじ

頭がよくて皮肉屋のウェンズデー・アダムス。ネヴァーモア学園に入学した彼女が、新しい友人や敵を作りながら、猟奇殺人の謎を解く物語が幕を開ける。

公開日

2022年11月23日

原題

Wednesday

上映時間

59分

キャスト

  • ティム・バートン(監督)
  • ジェナ・オルテガ
  • グウェンドリン・クリスティー
  • リキ・リンドホーム

予告編

公式サイト

ウェンズデー

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

ウェンズデー
©︎ウェンズデー

先ずは導入部たる第1話。

過去の名声を掲げた、名門の高校ナンシー・レーガン高校に通ってるアダムス姉弟。(このティム特有の揶揄が素敵すぎる)

ムムム…、僕はアダムス家の子供は通学でなく、家庭教師による隔離された英才教育のイメージだった。

だからこそ、一般校からスタートするのが面白い。

有象無象は一般人だからね、そりゃ馴染む訳もなく、とんでもない事件が起こるのは必然!

弟くんが弱っちいのも想定外だけど…。

ウェンズデーは反抗期ガチガチもあり、両親の敷くレールを拒絶していたけれど、結局は問題行動から両親と同じネヴァーモア高校(のけ者たちの高校)へ転入する。

早速、隣接する森では凄惨な事件が発生する不穏な気配。

街には一般人が通うピルグリム高校(制服からピューリタン系)

この学校同士の確執は、貴族的な富裕層かつ怪しげな特異な子供たちと、絶対君主制と対立した民衆運動(民主主義や資本主義等)の社会構図を表している。

つまり、ウェンズデーは、スクール・カーストの小社会 → 人間社会の相反する人類と異端の構図に触れていくことになる。

ウェンズデー シーズン2の配信決定

世界中で社会現象を巻き起こしている「 ウェンズデー 」は、配信開始4週間で約12億時間の総再生時間を記録。

この記録は、Netflixで配信された英語版のドラマとしては歴代2番目です。

シーズン2のあらすじや、監督等は未発表なので、新情報が入り次第更新します。

まとめ

ウェンズデー
©︎ウェンズデー

ウェンズデーが望むと望まずとも「 のけ者たち 」と呼ばれる者同士の関係性が、子供たちを成長させていく。

まだまだ予兆に過ぎないのは言うまでもない。

SNSでシェアしてね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次