【 Netflix 】「 ビーボ 」考察レビュー

ビーボ
  • URLをコピーしました!

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム@Yokoさんからの投稿レビューです。

1人になったキンカジューのビーボと孤独な少女ギャビーの冒険物語。

キューバの明るい音楽と今時のビートが加わり、楽しい物語になっています。

子供向けだけど、大人が見ても心が暖かくなる作品です。

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

ビーボ

ビーボ
©ビーボ

公開日

2021年8月6日

原題

Vivo

上映時間

99分

キャスト

  • カーク・デミッコ(監督)
  • リン=マニュエル・ミランダ
  • ヤナイアリー・シモ
  • ゾーイ・サルダナ

予告編

公式サイト

ビーボ

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

感想レビュー

ビーボ
©ビーボ

音楽が大好きな人なら楽しめます。

ストーリー舞台がフロリダに変わってからは、今時のビートに乗せて私たちを楽しませてくれる音楽が続きました。

物語は孤独なキンカジューのビーボと女の子のギャビーが、友情を育ませながら成長していくという分かりやすいものでした。

それを楽しく明るい音楽がカバーしてくれています。

制作はソニー・ピクチャーズアニメーション。

今作のビーボと同じようにNetflixで配信された前作の「 ミッチェル家とマシンの反乱 」の評判といい、ディズニーやピクサー、ドリームワークスに負けない作品をづくり。

今後の作品にも期待してしまいます。

どんどんリアルになっていくCGアニメですが、中でもビーボが海岸沿いに立った時に見える海の水しぶきは、本物のようで驚きました。

ピクサーはどの作品も人気だけど、最近はストーリーが子供ではなく明らかに大人向けになっているように感じます。

その点、「 ビーボ 」は子供も理解できるストーリーになっていました。

まとめ

ビーボ
©ビーボ

大切な人に言い忘れてしまった言葉、あの時言えなかった言葉、そんな過去の忘れ物を思い出させてくるストーリーで、自分の気持ちは今伝えなきゃと思わせてくれました。

全編を通してノリノリの音楽が流れるので、音楽好きの人も楽しめると思います。

観賞後は、キューバとマイアミに行きたくなるはずです。

SNSでシェアしてね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次