【 11月 】デンゼル・ワシントン月間

【 トム・ヒドルストン 】ロキ役に抜擢された裏話を明かす、人生を変えたケネス・ブラナーとの出会い

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

トム・ヒドルストンといえば、ロキのイメージを持っている人が多いですよね。

クリス・エバンスといえば、キャプテン・アメリカ、ロバート・ダウニー・Jrといえば、アイアンマン、

それほど、ぼくたちがイメージする俳優像というのは、重要な要素かと思います。

エンドゲームでテッセラクト (スペース・ストーン)を強奪したロキ。

ロキは、他のタイムラインで生きていることが判明しています。

今回は、トム・ヒドルストン ロキ役の裏話について。

サクッといきましょう。

画像の引用元:IMDb公式サイトより 

ロキ役

トム・ヒドルストンは、ロキ役として、6つのMCU作品に出演しています。

ソーの敵、兄弟として、長年に渡ってMCUを支えてきた1人。

彼は、The Hollywood Reporterのインタビューで、マイティ・ソー(2011)の監督を務めたケネス・ブラナーとの関係について言及。

 

それは僕にとって人生を変える出来事だった。彼はロンドン劇場で僕のシェイクスピアを見てから、BBCのテレビシリーズ(刑事ヴァランダー / Wallander)で俳優役を演じてみないかと頼んだのさ。それからウェストエンドでチェーホフ役を演じた後、彼は僕をロキ役に抜擢したんだ。僕たちは1年もの間、他のメディアでも一緒に働いたのさ。

 

トム・ヒドルストンにとって、ケネス・ブラナーとの出会いが人生の転機となったのでしょう。

1人の出会いで人生が変わる、そんな出会いは人生の中でそう多くはありません。

彼は、また次のように答えています。

 

ケネス・ブラナーから多くのことを学んだよ。彼は僕をいつも平等に扱ってくれたんだ。僕が初めてロキを演じて、アンソニー・ホプキンスが僕の父親役を演じたんだけど、彼がリチャード・バートンを尊敬していることも初めて知ったよ。僕はクリエイティブな仕事は、想像力とインスピレーションをフィードバックしてくれることに気づいたんだ。

まとめ

1人の出会いで人生が変わった俳優さんの話をよく聞きます。

トム・ヒドルストンもそのうちの1人。

ディズニー・プラスでのロキ単独TVシリーズが控えているトム・ヒドルストン。

今後の彼の活躍に期待です。