脱獄映画「 約束のネバーランド 」考察レビュー、原作アニメを実写化(ノーマンの再現度が高い)

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(@幸せのたまごん)さんからの投稿レビューです。

大どんでん返しが序盤で起こる脱獄エンターテインメント。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

約束のネバーランド(作品情報)

約束のネバーランド

©約束のネバーランド(映画版)

公開日

2020年12月18日

上映時間

119分

キャスト

  • 平沢雄一朗(監督)
  • 浜辺美波
  • 城桧吏
  • 板垣李光人
  • 渡辺直美
  • 北川景子

予告編

公式サイト

約束のネバーランド

作品評価

五つ星
映像
(4.0)
脚本
(3.0)
キャスト
(4.0)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(2.0)
グロ度
(3.0)
総合評価
(3.0)

約束のネバーランド(感想レビュー )

約束のネバーランド

©約束のネバーランド(映画版)

好きだった点

実写映画にするために原作改変がみられたが、おかげでストーリーがスムーズに進み、原作のファンにとっても新鮮で楽しめた。

俳優陣がキャラクターに合っていた。

嫌いだった点

残酷なシーンで感動的な音楽が流れることが多くみられた。

そのため素直に物語に入り込めなかった。

見どころ

渡辺直美の演技がキャラクターとマッチしており、狂気的な仕草が観客の笑いを誘っていた点。

主要人物のエマ、ノーマン、レイの再現度が高い。

中でも浜辺美波演じるエマのキャラクター像に惹かれた。

北川景子演じるイザベラの怖いシーンが原作そのままで再現されていてとても怖いです。

考察レビュー

映画自体が原作でいうと途中で終わっているため、今作がヒットすれば続編があるのかもしれない。

映画のテーマは紛れもないホラーでして、雰囲気がファンタジー色が強めで怖がらせたいのか?

感動させたいのか?

製作者がどんなジャンルの映画を目指しているのか?

詳しく知りたいです。

映画ライターになりませんか?

映画ライター

映画ライターに興味ある人は是非チャレンジしてみては?

▶︎ さあ、映画ライターになろう

 

まとめ

約束のネバーランド

©約束のネバーランド(映画版)

原作の再現度が非常に高いので、原作未見の方が楽しめる設定になっています。