さあ、映画ライターになろう

映画「 グッバイ、リチャード! 」ネタバレあり解説、余命宣告されたら残された時間で何をしますか?

グッバイ、リチャード!

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(@amico)さんからの投稿レビューです。

ある日突然、余命宣告されたらあなたは残された時間で一体何をしますか?

きっとそんなに特別なことはなくて、今まで吸ったことのないタバコをくわえてみたり、羽目を外して遊んでみたり、それ位のことしか出来ないのかもしれません。

でも、やっぱり最後に大切な人にどうしても伝えたいことはあって。

ふと立ち止まって、自分の人生にとって何が大切なのか、振り返りたい時に見て欲しい作品です。

▶︎ヒューマンドラマ作品(まとめ)

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

作品情報

The Professorグッバイ、リチャード!

公開日

2020年8月21日

上映時間

91分

キャスト

  • ウェイン・ロバーツ(監督)
  • ジョニー・デップ
  • ローズマリー・デヴィット
  • ダニー・ヒューストン
  • ゾーイ・ドゥィッチ

予告編

公式サイト

グッバイ、リチャード!

感想・ネタバレレビュー 

グッバイ、リチャード!

好きだった点

この作品は、自らの死期を悟った人間が残された時間をどう生きるかの物語。

お涙頂戴のベタベタな演技と演出で逆に観客側がシラけてしまいそうな題材を、

あっさりと、でも味わい深く、一抹の爽やかささえも残す、ジョニー・デップという役者の底力を感じた作品でした。

特に、愛する娘に別れを告げるシーン。

彼の目線、表情、声のトーン、全てがぴったりとハマっていて、娘の涙も相まって切なくも家族の絆を感じられる素敵なシーンになっていました。

嫌いだった点

R指定が入っているくらい、ちょっと下ネタシーンが多かった点です。

これそんなに描く必要ある?

と、疑問になってしまうシーンも。

家族でほっこり見よう!と思っている人は要注意です。

見どころ

何と言ってもジョニー・デップの演技です。

始めの、吹っ切れて自分の好きなことを好きなようにやっている、笑える痛快な演技から、終盤にかけて病魔に蝕まれて弱りながらも大切な人との最後の別れを惜しむ切ない演技まで、

パイレーツ・オブ・カリビアン、シザーハンズなどでは見られなかった貫禄を感じました。

あとはセットが可愛い点。

主人公リチャードの家、病室、親友のピーターの部屋、どのセットにもこだわりを感じられ、ファニーな世界観を作り上げていました。

考察・疑問点

ラストの関わってきた全ての人に別れを告げて、車に愛犬を乗せて旅立つシーン。

T字路で彼は左右を見渡し笑います。

あの笑いは一体何を意味していたのか。

その答えは映画のキャッチコピーでもある「 人生はくそったれで、愛おしい 」にある気がします。

映画ライターになりませんか?

映画ライター

映画ライターに興味ある人は是非チャレンジしてみては?

▶︎ さあ、映画ライターになろう

Youtubeチャンネル

Youtubeも配信中。

チャンネル登録する

公式LINE

今年から公式LINEを始めました。

主な配信内容は下記の通り。

  • 最新の映画情報
  • 割引クーポン
  • プレゼント企画

お友達に追加する

まとめ

グッバイ、リチャード!

パイレーツオブカリビアンのジャック・スパロウでジョニー・デップに恋した皆さん、ぜひ映画館に向かってください。

ジャックとはまた違ったジョニーの新たな魅力にハマること間違いなしです。

▶︎ ライター投稿レビュー