【ネタバレ・解説】映画『 運び屋 / The Mule 』感想レビュー

映画『運び屋』をみてきたので、記憶があたらしい内に感想をサクッと書きます。

この映画は、大好きな映画でした。

あらすじ

主人公は、花を愛する男アール・ストーン。長年にわたり家族をないがしろにし、仕事に没頭するもインターネットの発達で仕事が廃業に。金銭的に生活が厳しくなったアールは、麻薬の運び人となる。

作品情報

The Mule(2019)

公開日

2019年3月8日

上映時間

116分

キャスト

キャスト

クリント・イーストウッド(監督)
クリント・イーストウッド
ブラッドリー・クーパー
マイケル・ペーニャ
ローレンス・フィッシュバーン

感想

好きだった点

俳優陣が豪華すぎてワロタ。

どの映画でも主役級をはれるほどの、俳優陣でしたねえ。

僕は、マイケル・ペーニャが大好きなんですけど、今作では地味すぎて存在感0でしたw

なんといってもクリント・イーストウッドですよ。

クリント・イーストウッドは、グラン・トリノという作品でも監督兼、俳優を演じましたが、

僕は、今回の運び屋の方が好きでしたねえ。

なんでしょうね、俳優としての経験なのでしょうか、本当にこんな老人いそうだなと感じさせるほどの、演技でした。

嫌いだった点

麻薬組織を一網打尽することに燃えるコリン捜査官(ブラッドリー・クーパー)が、あと一歩のところで、アールを取り逃がすんですよ。

もうツメが甘すぎて、うおおおおってなりました。

普通、全員取り調べするでしょうw

印象に残ったシーン

麻薬組織のメンバーと次第に打ち解けていくアール。ある日、数百キロの荷物を運ぶのを依頼されたのですが、

アールを信用できないから、監視するといって登場したのが、麻薬組織のボスから気に入られている男。

この男とランチを食べ終えた後に、警察に尋問されるシーンが出てくるのですが、

ここで、アールがとっさの行動で、男を助けるんですよ。

その後から、監視役の男は、おそらくアールに情が移っていったと思うんです。

数百キロの荷物を運び終えたアールは、麻薬組織のボスからメキシコに招待されます。

そこで、酒を飲みながらアールが監視役の男にこう言ったんです。

『 今すぐ組織を抜けて、自分のやりたい事を見つけて、それをやれ』と。

アールも監視役の男を気にかけていたんですよね。監視役の男の名前忘れましたw

たしかフリオだっけな?

あとは、最後の裁判のシーンが印象に強く残りましたねえ。

アールが無罪になる事もできたはずなのに、『 自分は罪を犯した。有罪だ。罪を償う 』と裁判官に言います。

席を立った後に、アールが家族に向かって『 時間だけが買えなかった 』と言って映画は終わります。

まとめ

クリント・イーストウッドさん、若い頃マジでイケメンです。

息子さんもイケメンなんですよね。

やっぱり顔は、遺伝するんですね。