「 ライトハウス 」考察レビュー、灯台守2人の実話サイコスリラー

ライトハウス

管理人

映画ライフ楽しんでますか? 今回は、ペンネーム@ 小松糸さんからの投稿レビューです。

A24が送る、ベテラン灯台守と新人によるサイコホラー。

嵐によって島に閉じ込められた2人は、やがて真っ黒な闇に染まっていく。

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

ライトハウス

ライトハウス

©ライトハウス

公開日

2021年7月9日

原題

The Lighthouse

上映時間

109分(R15指定)

予告編

キャスト

  • ロバート・エガース(監督)
  • ロバート・パティンソン
  • ウィレム・デフォー

公式サイト

ライトハウス

作品評価

作品評価
映像
(5.0)
脚本
(3.0)
キャスト
(5.0)
音楽(BGM)
(2.0)
リピート度
(2.0)
グロ度
(3.0)
総合評価
(4.0)

ライトハウス(感想レビュー)

ライトハウス

©ライトハウス

A24史上最も狂っていると噂の今作。

現代サイコホラー最高峰ではないかと思ってしまうほどに狂い・美しかった。

今作は正方形でモノクロ。

この手法が、作品に閉塞感を作り出していた。

登場人物は2人のみ。

ベテラン灯台守のトーマスと、新人のイーフレイム。

島を直撃した嵐により、島に取り残されてしまった2人。

そんな危機的状況なのに、2人は恐ろしく仲が悪い。

地獄のような時間の中で、2人はやがて想像を絶する結末へと走り出す。

劇中の「 カモメ  」は、かなり重要な生き物だ。

トーマス曰く、海鳥には死んだ船乗りの魂が宿っているらしい。

だからイジメたり、殺したりしてはいけないと言う。

しかし、イーフレイムはその約束を破ってしまう。

カモメは人間の言葉を話せない。

意思疎通ができず、ただ空を飛び回り鳴くカモメにとても恐怖を感じてしまった。

トーマスがその約束を破ってから、文字通り風向きが変わり始める。

嵐が到来し、物語の風向きが変わる。

サイコホラーはある種、美しさの部分も兼ね備える必要がある。

という私なりの持論がある。

それらのバランスが絶妙に絡んでいるのは、スタンリー・キューブリックの作品群だ。

今作は、キューブリック作品ぽさを少し感じる瞬間があった。

音、表情、そして状況。

全てがアンバランスで、でも美しく、耳を塞ぎたくなるほどの不協和音。

こんな作品がとても好きだ。

劇中の人魚は、人によって解釈が異なると思った。

2人しかいない男同士の生活の中で、人魚という存在はある意味、現実逃避のような錯覚を起こす。

「 前回の相棒は人魚の幻覚を見て狂って死んだ 」

とトーマスが言うように、人を狂わせ、快楽の海に沈める邪悪な存在。

本当に狂っていたのは、果たしてトーマスかイーフレイムか。

まとめ

ライトハウス

©ライトハウス

今作は実話がベースだ。

灯台守の手記をもとに製作され、こんな過酷な出来事が実際に起きたのかと考えたらゾッとする。

あまりにも衝撃が強かったので、舞台裏のレポートを読んでいたら、キャスト2人に絡むのは、訓練されたカモメだ。

名前は「 レディー 」 「 トランプ 」「 ジョニー 」というらしい。

空を飛びかうカモメは、島付近に生息している野生のカモメ。

劇中で怖い存在として感じたカモメに、名前があったなんて少し愛着を感じた。