「 テスラ エジソンが恐れた天才 」考察レビュー、彼がいなければ世界は100年遅れていた

テスラ エジソンが恐れた天才

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(@ジョナ)さんからの投稿レビューです。

エジソンの名前を知らない人はいないでしょう。( エージソンは、エライ人~そんなの常識~

それでは、テスラはどうでしょう?

ゴジラと闘った怪獣の名前?(ある意味、惜しい)

テスラはエジソンと発明分野で闘った人物です。

ちょっと普通ではないテスラと、同じようにちょっと普通でない今作について書いてみます。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

テスラ エジソンが恐れた天才作品情報)

テスラ エジソンが恐れた天才

©テスラ エジソンが恐れた天才

公開日

2021326

上映時間

103

原題

Tesla

キャスト

  • マイケル・アルメレイダ(監督)
  • イーサン・ホーク
  • カイル・マクラクラン

予告編

公式サイト

テスラ エジソンが恐れた天才

作品評価

五つ星
映像
(4.0)
脚本
(2.0)
キャスト
(3.0)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(1.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(3.0)

 

テスラ エジソンが恐れた天才(感想レビュー) 

テスラ エジソンが恐れた天才

©テスラ エジソンが恐れた天才

好きだった点

映画だからこそできる手法を取り入れている点。

伝記映画としてはタブーともいえる「 もしも(if)」のシーンが多用されています。

エジソンがスマホを取り出し検索をしたり、家政婦が最新型の電動掃除機を使っていたり。

観客に「 え? 」と思わせる程度のさり気なさが良かったです。

劇中の人物が、現代の視点で語り部となっている点も斬新ですね。

エジソンが、「 君はアメリカ流のユーモアが分かっていない 」と、テスラに言い放った有名なエピソードの再現シーン。

お互いの鼻面にソフトクリームをなすりつけ合うのが面白かったです(実際にはあり得ないという前提でやりたい放題)

嫌いだった点

ニコラ・テスラの人物像はもとより、その生涯や細部を描ききれていない点。

エジソンとの電流戦争のくだりは楽しめました。

それ以外では革新と刺激が限度を越え、困惑することが勝ってしまい、終いには眠気が襲ってくるほどでした。

100年早く生まれ、周りに理解されないテスラの孤独を表現したかったのだとしたら、今作は成功しています。

クライマックスで突然と歌い出すイーサン・ホーク(テスラ)には、戸惑いを通り越して、もう好きにしてくれと放り出したくなりました。

「 中途半端はダメ 」的な歌詞が出てきますが、本当にその通りだと思います。

あるいは、ボクには「 アメリカ流のユーモアが分かっていない 」のかもしれません。

見どころ

ヴィジュアルの美しさと、イーサン・ホークの演技が見どころです。

ナイアガラに建設した水力発電所で、嵐の中、稲光と雷電の轟きに怯まず、マッド・サイエンティストそのものの狂気を讃えたテスラ。

今作はイーサン・ホークだからこそ、孤高の天才を演じきれたのだと感じました。

ストックホルム・ケース2020年)」での羽目を外した銀行強盗役もハマっていましたが、この度の静かな天才発明家役も、しっくりと馴染んでいました。

どちらも対照的ながら、クレイジーという部分では共通していますね。

テスラ エジソンが恐れた天才(考察レビュー) 

テスラ エジソンが恐れた天才

©テスラ エジソンが恐れた天才

最大の「 もしも 」

もしも、エジソンとテスラが対立せずに協力し合っていたら?

さすがに今作でそこまで踏み込んで描いていたら、伝記ではなく歴史改ざんモノになってしまうので、チラッと匂わす程度にとどめていました。

テスラの夢見た私たちの住む世界(wifi環境の整った電子社会)の、さらに100年後が実現していたでしょうね。

ところで、今作にはパンフレットがありません。

製作自体されなかったようです。

映画パンフレットは、日本ならではの文化であるという話を聞いたことがありますが、なぜ今作では制作されなかったのでしょうか。

劇中で語り手がネットで検索しながら、テスラの認識度を説明したように、ネットで検索されることを期待して作らなかったのか。

発明家テスラと資本家モルガンが、最後には良い関係が結べなかったように、映画制作サイドとパンフレット制作サイドで何か大人の事情でも生じたのでしょうか。

とても気になります。

映画ライターになりませんか?

映画ライター

映画ライターに興味ある人は是非チャレンジしてみては?

▶︎ さあ、映画ライターになろう

限定コラムは公式LINEにて配信中

公式ライン

お友達に追加する

 

まとめ

テスラ エジソンが恐れた天才

©テスラ エジソンが恐れた天才

頭脳と頭脳の対決であったエジソンとテスラを描いた今作。

アヴァンギャルドな手法には、しばし催眠術にかけられたように睡魔が襲ってきました。

しかし、決して駄作ではありません。

もしかしたら、テスラがいなければ今の世界が100年遅れていたように、今作も100年早く生まれたのかもしれません。

昨年公開された「 エジソンズ・ゲーム 」を併せて見たら、理解が深まりそうですね。