【 Netflix おすすめ 】「 スーパーヒーローへの道 」考察レビュー

スーパーヒーローへの道

管理人

映画ライフ楽しんでますか? 今回は、ペンネーム@サラダさんからの投稿レビューです。

特殊能力を持った人間が暮らしている世界で、それを悪用する悪者。

過去に過ちを冒し、その能力を封印していた主人公。

フランス版のヒーロー物語です。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

スーパーヒーローへの道

スーパーヒーローへの道

©スーパーヒーローへの道

公開日

2021年7月9日

原題

Comment je suis devenu super-heros

上映時間

101分

予告編

なし

キャスト

  • ドゥーグラス・アタル(監督)
  • ピオ・マルマイ
  • ビマーラ・ポンス
  • ブノア・ポールブールド
  • レイラ・ベクティ

公式サイト

スーパーヒーローへの道

作品評価

作品評価
映像
(3.0)
脚本
(3.0)
キャスト
(3.5)
音楽(BGM)
(2.0)
リピート度
(2.0)
グロ度
(2.0)
総合評価
(3.0)

スーパーヒーローへの道(感想レビュー)

スーパーヒーローへの道

©スーパーヒーローへの道

アメリカのスーパーヒーロー作品をうまく取り込んだストーリーでした。

能力を自覚し、警察官として生きていた主人公は、最後の最後で活躍。

でも、個人的にはちょっと遅かったんじゃないかなという気もしました。

クライマックスまでの展開もあまりハラハラせず、あっけなく終わってしまったように感じました。

悪者を倒す場面もなかなかチープ。

特殊能力の種類や登場人物のキャラが濃く、もっと色々な展開を期待して見ていたからかもしれません。

それでも、最後に平和を取り戻した(一時的に?)後のシーンはホッコリ。

昔活躍していたヒーローが、病気になってヒーロー引退後も、裏で協力している設定は好きでした。

年齢もバラバラなヒーローが集まっていたので、理解するのに少し時間がかかりましたが、ヒーロー映画でありながらもアットホームな要素は良かったです。

登場人物の俳優やキャラ設定は凄くよかったので、Netflix作品ではなく、シリーズものにしてもいいのになと思いました。

アベンジャーズMr.インクレディブルを混ぜたような世界観でした。

今作は面白いシーンはあるものの、これといってハイライトがなかったので、少し残念でした。

まとめ

スーパーヒーローへの道

©スーパーヒーローへの道

今回は、日本語字幕(言葉は英語)で見てしまったので、その国の言語(フランス語)で見るようにするだけでも、作品の良さが底上げされるのかも

と気付かせてくれた作品でした。

要所で良い感じのシリアス展開もあったり、ロマンスがあったりと。

またの機会でフランスのヒーロー映画が見られるのを期待しています。