「 Summer of 85 」考察レビュー

Summer of 85

管理人

映画ライフ楽しんでますか? 今回は、ペンネーム@小松糸さんからの投稿レビューです。

16歳のアレックスは、乗っていたヨットが突然転覆し、18歳のダヴィドに救出される。

以降、2人は次第に友情を深め、やがて恋愛関係に発展していく。

2人はダヴィドの提案で「 どちらかかが先に死んだら、残された方はその墓の上で踊る 」という約束をするが、そんな矢先、ダヴィドは不慮の事故で亡くなってしまう。

絶望の中でアレックスを奮い立たせたのは、彼とかわした約束だった。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

Summer of 85

Summer of 85

©Summer of 85

公開日

2021年8月20日

原題

Summer of 85

上映時間 

100分

キャスト

  • フランソワ・オゾン(監督)
  • フェリックス・ルフェーブル
  • バンジャマン・ボワザン
  • フィリッピーヌ・ベルジュ
  • バレリア・ブルーニ・テデスキ

予告編

公式サイト

Summer of 85

作品評価

作品評価
映像
(5.0)
脚本
(4.0)
キャスト
(4.0)
音楽(BGM)
(5.0)
リピート度
(4.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(5.0)

Summer of 85(感想レビュー)

©Summer of 85

起承転結がハッキリしていて、全体的にわかりやすい作品。

前と後の時間軸が入り組んでる構成をしているが、整理されているため頭がゴチャゴチャになることはなかった。

内容とシチュエーション的に、「 君の名前で僕を呼んで 」と比較されがちだが、

今作は複雑な心理描写はあまりなく、映画をあまり見ない人にも浸透しやすい作品のように思えた。

夏の太陽が反射している煌びやかな海、風をいっぱいに浴びるバイクの2人乗り。

最高に眩しい100分間だった。

主演のアレックス役のフェリックス・ルフェーヴルは、オゾン監督から「 リヴァー・フェニックスの再来 」と言われていたそう。

確かにリヴァーに雰囲気が似ていた。

リヴァーは23歳の若さで亡くなったが、再来とされるフェリックスがこれからの映画界でどのような活躍をするのか、とても楽しみだ。

アレックスとダヴィドが一緒に過ごした時間はたった6週間。

80年代は今ほど同性愛が受け入れられる時代ではなかったから、2人が恋人だと言っても信じてくれる人が少なかったのが辛い。

そして、16歳のアレックスにとってダヴィドは初恋の相手だったのだ。

好きだからこそ起こる嫉妬心も、相手を傷つけたり困らせたりする衝動も、恋愛は綺麗事では成り立たない。

ドキドキしたり、キラキラな時間を切り取るだけが恋愛ではない。

それら全ての感情にアレックスが出会ったのは初めての出来事。

汚い部分すらもさらけ出していくこの映画の構成は、ひと夏の思い出にするには多すぎるほどの衝撃を、観客に映し出してくれた。

今までただ漠然と「 死 」に惹かれていたアレックスがダヴィドの墓で踊るのは、今後彼がこの悲しみと精一杯向き合い生きていく上で、

ダヴィドとの思い出に浸るかなりグッとくるシーンだった。

まとめ

Summer of 85

©Summer of 85

できれば終わらないで欲しいと何度も思った。

この作品の一瞬一瞬が彼らにとっての宝物だ。

アレックスが「 彼を通して本当の自分に会えた 」と話していたのを見て、それこそが究極の愛だと感じた。

6週間だけでもそんなことを思える人に出会えたアレックスは幸せで、それはダヴィドも同じだと思う。

ダヴィドの魂はいつもアレックスのそばにある信じたい。