【 Netflix おすすめ 】「 密航者 」考察レビュー

密航者

管理人

今回は、ペンネーム@流理英さんからの投稿レビューです。

宇宙空間での、究極の選択。

人の命の重さ。

鑑賞後、いろいろと考えさせられました。

密航者

密航者

©密航者

公開日

2021422

原題

Stowaway

上映時間

116

キャスト

  • ジョー・ペナ(監督)
  • アナ・ケンドリック
  • ダニエル・デイ・キム
  • トニ・コレット
  • シャミアー・アンダーソン

予告編

公式サイト

密航者

作品評価

作品評価
映像
(3.5)
脚本
(2.5)
キャスト
(3.0)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(2.5)
グロ度
(1.0)
総合評価
(3.0)

密航者(感想レビュー)

密航者

©密航者

好きだった点

ストーリーがシンプル。

火星に向かうMTSで予想外のもう1人の人物が現れ、宇宙船の酸素が足りなくなる究極の選択を迫られる。

重要なのは、人の命か、火星へと向かうミッションか?

嫌いだった点

黒人が密航者だった点。

その黒人に自死を促すのもアジア系アメリカ人だった。

勇敢なのは、白人女性だった。

見どころ

結果的に、火星まで無事に酸素が足りるのかどうか、観ていてハラハラドキドキさせられた。

太陽光パネルの先に酸素があり、そこまで取りに行くところは、非常に観ていて応援したくなりました。

考察レビュー

この映画のテーマは、人の命の重さか使命の大切さか、どちらが重要か、というところでしょう。

「 ゼロ・グラビティ 」では、スペースデブリにより、宇宙空間をさまよいますが、今作は太陽嵐に酸素補給の邪魔をされます。

アジア系アメリカ人が、植物のCO2吸収率を実験していますが、それも失敗に終わる。

密航者の黒人に自死を迫るのは、エリートと社会的弱者の関係性を描いているようでした。

ラストシーンの描き方が少し分かりにくく、どういう終わり方なのか分からなかったです。

もう少し、ハッキリと結末を描けなかったのか?

疑問が残ります。

まとめ

密航者

©密航者

主人公は女性医師だったのか、最後の酸素を取りに行く場面で分かったような気がしました。

「 ゼロ・グラビティ 」を見たときは、面白くない映画だなと思いましたが、今作は宇宙ものの映画の限界を見てしまったような気がしました。

また、別の宇宙ものの映画に期待したいです。