【 ネタバレなし 】「 ”それ”がいる森 」考察レビュー

”それ”がいる森
  • URLをコピーしました!
管理人
今回は、ペンネーム@柏原ヒロキさんからの投稿レビューです。

日本のホラー映画文化の先駆けとも言われる「 リング 」シリーズの中田秀夫監督最新作。

全く新しいジャパニーズホラーが誕生した!

本レビューでは「 ”それ”がいる森 」の面白さを解説します。

画像の引用元:IMdb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)
目次

”それ”がいる森

”それ”がいる森
©︎”それ”がいる森

あらすじ

田舎町で静かに一人暮らしをする田中淳一(父)を一也(息子)が訪れ、一緒に暮らすことになる。やがて、彼らは謎の怪奇現象に巻き込まれていく。

公開日

2022年9月30日

上映時間

107分

キャスト

  • 中田秀夫(監督)
  • 相葉雅紀
  • 松本穂香
  • 上原剣心
  • 江口のりこ
  • 尾形貴弘
  • 中村里帆
  • 綾乃彩
  • 松嶋亮太
  • 松嶋亮太
  • 吉本菜穂子 他

予告編

公式サイト

”それ”がいる森

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

”それ”がいる森
©︎”それ”がいる森

今作には、これまでのジャパニーズホラーになかった要素が詰め込まれています。

予告で伏せられている「 それ 」の正体そのものが、1つの別ジャンルとして作品に新しい風を与えています。

物語の序盤では、ホラー小説家のスティーブン・キングの代表作「 IT 」のような、子供が活躍するジュブナイル要素もあります。

つまり「 それ 」の正体が判明するまでは、ホラー映画として特に目新しい表現が出てくるわけではありません。

しかし「 それ 」の全貌が明かされた瞬間から、今作は単なるホラー作品では無い事が分かります。

日本映画全体でも、今作の様な作風のホラーは新しいと思います。

「 それ 」に対する謎や恐怖というメインストーリーと並行して、今作では主人公・田中淳一(相葉雅紀)と息子の一也(上原剣心)の親子愛が描かれています。

まず「 それ 」に遭遇した初めての生存者は、小学生の一也です。

小学生なので当然、「 それ 」について説明しても、同級生や警察からは子供の戯言だと思われ、信じてくれません。

一連の映画の序盤における一也の心情は、現代の子供が社会や親に対して、多かれ少なかれ抱いている閉塞感を表している様に思えます。

だからこそ、淳一と一也の親子関係が修復される場面と、そのキッカケには考えさせられるものがあります。

淳一が「 それ 」に怯える一也を勇気づける為に歩み寄る場面では、本当の「 父親らしさ 」とは何かを伝えてる気がしました。

作品全体を通して、演出や脚本は世界に通用するクオリティだと思います。

一方で、「 それ 」のCGがもう少しリアルなら、個人的に満点の作品でした。

まとめ

今作の作風は、既存のジャパニーズホラーに例えると、2020年の「 事故物件 / 恐い間取り 」が最も近いと思います。

一見、突拍子もない物語ですが、エンドロールを迎えたとき、背筋が凍ります。

SNSでシェアしてね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次