さあ、映画ライターになろう

SDGs(エスディージーズ)- 貧困をなくそう- No poverty

SDGs

こんにちは、Johnです。

今は朝の4時。

せっかく早起きしたのでブログを書いています。

SDGsには「 17ゴールと169ターゲット」があります。

今回は、17ゴールを1つずつ深ぼりしていきます。

サクッといきましょう。

SDGs ゴール1

SDGs

貧困をなくそう= No poverty

あらゆる形態の貧困を終わらせるための目標。

  • 紛争
  • 気候変動
  • 食糧不安

上記のような要因により、貧困層が増加しています。

地球上の誰もが基本的資源、サービスを確保できる活動を推進していこうとする考えです。

増加する相対的貧困層(日本国内)

世界的に見ても裕福な日本。

戦後の経済成長により先進国入りを果たした日本ですが、あまり知られていない事実があります。

国内における絶対的貧困はほぼ解消されていますが、相対的貧困層が増えているのをご存知でしょうか?

その原因は、広がる経済格差です。

相対的貧困をシンプルに説明すると「 自国の文化・生活水準と比較して困窮した状態 」にある人たちを指します。

世帯所得が自国の全世帯所得の中間値の半分未満にある状態の人

これらを解消するためには、相対的貧困層の雇用が有効とされています。

超高齢社会

現在の日本は超高齢社会ですよね。

次のことを知識として抑えておきましょう。

  • 高齢化社会
  • 高齢社会
  • 超高齢社会

全人口における65歳以上の割合が7%を超えると高齢化社会。

全人口における65歳以上の割合が14%を超えると高齢社会。

全人口における65歳以上の割合が21%を超えると超高齢社会。

2025年にこの割合は30%に到達すると言われており、労働人口の確保が急務とされています。

労働人口が減ると何が起きるのか?

労働人口が減る → 労働生産性が減る → 経済格差が広がる

もはや負の連鎖です。

コロナ影響により、リモート勤務をする人がめちゃくちゃ増えましたよね。

僕はリモート会議などは好きではなく、どちらかと言えば対面で話したい人です(笑)

終身雇用の崩壊・コロナにより、もはや職場で働くということ自体が非常識となっていくでしょう。

職場以外でも働けるようにITインフラを整備することで、新たな雇用を生み出すことも可能となります。

Youtubeチャンネル

今年からYoutubeも配信中。

チャンネル登録する

公式LINE

今年から公式LINEを始めました。

主な配信内容は下記の通り。

  • 最新の映画情報
  • 映画グッズの通販情報
  • お得な割引クーポン
  • プレゼント企画

お友達に追加する

まとめ

SDGs

いかがでしたでしょうか。

少し話が難しくなってきましたが、少しずつ理解していけば大丈夫です。

今回は、相対的貧困にフォーカスして説明しました。

日本において、相対的貧困状態にある17歳以下は14%。

つまり、7人に1人の子どもが社会的に貧困状態にあるということです。

新たな雇用を生み出し相対的貧困を解消する。

これも我々の重要なミッションであります。

次回は、SDGsゴール2「 飢餓をゼロに 」

▶︎ 今までのおさらい(まとめ)