映画ライター募集中

SDGs(エスディージーズ)- すべての人に健康と福祉を – Good health and well-being

すべての人に健康と福祉を

こんにちは、Johnです。

最近は朝早くに目覚めるので、起床して1本の記事を書くというのが日課になっています。

SDGs記事も今日で6本目ですね。

今回のテーマは「 健康と福祉 」

シンプルに要点だけ抑えておきましょう。

▶︎ SDGsの復習(まとめ)

SDGs ゴール3

すべての人に健康と福祉を

すべての人に健康と福祉を

文字通り、すべての人の健康的な暮らしを確保するための目標です。

すべての人に健康と質の高い医療が提供されなければなりません。

SDGs ゴール3のカギはUHC(Universal Health Coverage)

いわゆる「 ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ 」です。

UHCを理解しやすいように箇条書きにしてみました。

すべての人に

  • 最良の医療・保健サービスを
  • 支払い可能な費用で
  • 受診できるようにする

ということです。

不足する医療機関

超高齢社会により、高齢化はますます加速していきます。

それに伴い、都市部では国内の医療機関・介護施設がすでに不足し始めています。

国民の健康管理を政府や地域が担うだけでは、コロナのような不測事態には対応しきれない。

ということが、今回の政府対応をみても明らかでしょう。

多くの国民がそう思ったはずです。

医療機関や企業が連携して「 健康と福祉 」の課題に取り組むべき時が来ています。

福祉国家実現という目標達成のため、この分野には多くのビジネスチャンスがあるのです。

▶︎ 超高齢社会について

Youtubeチャンネル

今年からYoutubeも配信中。

チャンネル登録する

公式LINE

今年から公式LINEを始めました。

主な配信内容は下記の通り。

  • 最新の映画情報
  • 映画グッズの通販情報
  • お得な割引クーポン
  • プレゼント企画

お友達に追加する

まとめ

すべての人に健康と福祉を

今年に入り、新型肺炎(コロナウイルス)が猛威を振るっています。

もはや一国の医療レベルでは対応しきれない不測の事態と言えるでしょう。

感染を防ぐために経済を止めるのか?

感染リスクを承知で経済を回すのか?

意見の分かれるところではあります。

経済を止めれば、コロナの犠牲者よりも経済不安による自殺者が増えるでしょう。

どちらに転んでも状況は最悪です。

アフターコロナ以降、世の中を良くしていくために僕たちは何ができるのでしょうか?

考えましょう。

▶︎ 今までのおさらい(まとめ)