「 猿楽町で会いましょう 」考察レビュー

猿楽町で会いましょう

管理人

映画ライフ楽しんでますか? 今回は、ペンネーム@小松糸さんからの投稿レビューです。

売れないカメラマン小山田と、売れないモデル田中ユカ。

ふたりが過ごした日々の記録。

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

猿楽町で会いましょう

猿楽町で会いましょう

©猿楽町で会いましょう

公開日

2021年6月4日

上映時間

121分

キャスト

  • 児山隆(監督)
  • 金子大地
  • 石川瑠華
  • 栁俊太郎
  • 小西桜子
  • 長友郁真
  • 大窪人衛
  • 呉城久美
  • 岩瀬亮
  • 前野健太

予告編

公式サイト

猿楽町で会いましょう

作品評価

作品評価
映像
(3.0)
脚本
(4.0)
キャスト
(4.0)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(1.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(3.0)

猿楽町で会いましょう(感想レビュー)

猿楽町で会いましょう

©猿楽町で会いましょう

最初に出てきた感想は「 こんな映画だったの?

ポスターは青春ムービーっぽいし、タイトルからも想像できないほどドロドロ。

R15の作品だけど、色んな意味で想像を裏切られた。

個人的に、男性側(小山田に感情移入が止まらなかった。

息を吐くように嘘をつくユカ。

心の底では疑ってる、でも信じたい。

その間で揺れ動く繊細な心理表現が見事だった。

ひとことでまとめるなら「 ネオン・デーモンのモブ視点 」

ネオン・デーモンのジェシー(エル・ファニング)は、この映画の久子(小西桜子)だ。

田舎から芸能界に憧れ上京。でも芽が出ずに、久子に誘われた危ないアルバイトでお金を稼ぐ日々。

泥のような生活の中で、ユカは小山田と出会う。

付き合いたての二人の空気感は初々しくて好きだった。でも段々とズレが生まれる。

久子が小山田に写真を撮ってもらうシーンにて。

久子が「 田中ユカって知ってます?」

「 小山田さんがあの子を撮った写真を見て、オファーしたんです。」

「 わたしも、あの写真みたいになれたかな。」

先に芸能界に羽ばたいていった久子のことを妬むユカ。

でも久子自身も、ユカに対して憧れを抱いていたのだ。

ないものねだりの世界。

きっと彼女たちは、何を与えられても満足しない。

まとめ

猿楽町で会いましょう

©猿楽町で会いましょう

芸能界が全てこの映画のようなことが起きる場所だ、とは到底思えないが、どの業界においても自衛は鉄則。

一度踏み込んだら簡単には戻れない、底知れぬ欲や沼が待っているのだと思った。

最後、あの紙に何が書いてあったのか、映画の中では明かされない。

明かされないからこそいい。わたしはきっと「 猿楽町で会いましょう 」だと思う。