【 Netflix 】「 レストレス 」考察レビュー

レストレス
  • URLをコピーしました!
管理人
今回は、ペンネーム@流理英さんからの投稿レビューです。

タイトルの「レストレス」は、「 休む間もない 」か「 安息のない 」か。

ノワール・フィルムとして、ハラハラドキドキしながら見ることができます。

何が正しくて、何が悪いのか。

答えは、人それぞれだとは思いますが、考えさせられます。

ラストシーンは、思わずニヤリとさせられ、良い終わり方だと思いました。

画像の引用元:IMdb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

レストレス

レストレス
©︎レストレス

公開日

2022年2月25日

原題

Sans repit

上映時間

96分

キャスト

  • レジス・ブロンドゥ(監督)
  • フランク・ガスタンビドゥ
  • シモン・アブカリアン
  • ミカエル・アビブル
  • トレイシー・ゴトアス
  • ジェマイマ・ウェスト

予告編

なし

公式サイト

レストレス

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

©︎レストレス

母の葬儀と麻薬監察の両方が同時に起こり、忙しい汚職刑事が主人公。

その道中で車を飛ばし、人を轢き殺してしまうことから物語が始まります。

轢き逃げを目撃したという謎の電話がかかってきたり、防犯カメラに主人公の車が映っていたり。

轢き逃げを目撃したのは意外な人物でした。

休む間もない、忙しい時が始まります。

轢き殺された人は、麻薬の売人でした。

カネとヤクと刑事はありがちな話ですが、今作は一味違うテイストなので楽しめるかと思います。

世界共通のテーマなのかもしれません。

印象に残ったシーン

物語の終盤で、汚職刑事が同僚の刑事に一時逮捕され、話をしているときに電話がかかって来た。

車から降りて少し歩けと言われた後、車から離れると、上からコンテナが落下してきて、車が潰され同僚の刑事が殺される場面が残酷で印象に残りました。

ラストシーンの圧倒的なサプライズ。

これは、見てのお楽しみに。

まとめ

捜査に出かけるときに、C4(プラスチック爆弾)の説明があり、それが伏線になり、よく考えられているなと思いました。

1人娘の持っているオモチャも活躍していて、非常にストーリーが上手く練られていた印象を受けました。

アクションシーンもあり、ストーリーだけで話を引っ張っていくのとは違い、楽しめる作品でした。

レストレス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアしてね
  • URLをコピーしました!
目次