「 瓶詰めの海は寝室でリュズタンの夢をうたった 」考察レビュー

瓶詰めの海は寝室でリュズタンの夢をうたった

管理人

映画ライフ楽しんでますか? 今回は、ペンネーム@柏原ヒロキさんからの投稿レビューです。

劇団「 おぼんろ 」が送る、他では味わえない海と夢の世界。

子どもはもちろん、大人にこそ見て欲しい。

まさしく、今の時代にドンピシャな極上の異次元エンターテインメントが幕を開ける。

このレビューでは今作の面白さの秘密に迫ります。

 

画像の引用元:公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

瓶詰めの海は寝室でリュズタンの夢をうたった

瓶詰めの海は寝室でリュズタンの夢をうたった

@瓶詰めの海は寝室でリュズタンの夢をうたった

公開日

2021年11月12日

上映時間 

152分

キャスト

  • 末原拓馬(脚本・演出)
  • さひがしジュンペイ
  • 塩崎こうせい
  • 末原拓馬
  • 高橋倫平
  • わかばやしめぐみ

予告編

公式サイト

瓶詰めの海は寝室でリュズタンの夢をうたった

作品評価

作品評価
[value5]映像[/value]
脚本
(5.0)
キャスト
(5.0)
音楽(BGM)
(4.0)
リピート度
(5.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(5.0)

感想レビュー

瓶詰めの海は寝室でリュズタンの夢をうたった

@瓶詰めの海は寝室でリュズタンの夢をうたった

鑑賞後、今作を間近で鑑賞できたらどれほど良かっただろうかと思いました。

臨場感と熱気は画面越しでも十分に伝わってきます。

冒頭で「 これは夢オチの物語 」とナレーションが入ります。

加えて物語は、主人公の「 なんだ夢だったのか、良い夢だったなあ 」というセリフで終わるという、不思議なネタバレから始まります。

主人公はどんな人物なのか?

夢も希望もなく、自分の人生を見限っている59歳の男性トノキオ。

彼が床に就くと、突然「 クラゲ 」と名乗る不思議な少年が現れ、奇想天外な海の大冒険が始まります。

悲観的な主人公トノキオに対して、クラゲやラッコなどのキャラクターはとても純粋で楽観的。

彼らが主人公に投げかける素朴な言葉にハッとさせられます。

夢と自分を信じる心、楽しいことを生み出す想像力など。

皆が当たり前にしていたことが、如何に大切だったのかと気付かされます。

夢の世界で主人公は海の裁判にかけられます。

どうやら昔にやり残していた「 夏休みの宿題 」を終わらせないと、現実に戻れないらしい。

そんな冒険が続いていくうちに、奇想天外な物語の「 実態 」やキャラクターたちの「 正体 」が明かされていきます。

そのため、2回目の鑑賞時に「 だからこのシーンはこのセリフだったんだ!」と新たな発見もあり、2倍面白かったです。

物語は冒頭のナレーション通り、主人公の「 なんだ夢だったのか。良い夢だったなあ 」というセリフで終わります。

このセリフの重みに感動します。

鑑賞後の私たちの感想を代弁してくれたかの様に感じました。

よくエンタメは明日への活力と耳にしますが。

これ程までに、その役割を発揮している作品は珍しいのではないかと思いました。

まとめ

物語は全体的に、面白いキャラクターたちによる衝撃的な展開が続きます。

気付くと、魂まで響く感動的なラストへと観客を誘ってくれるのです。

今作のキャッチコピー「 大人になるつもりもないまま子供ではなくなってしまったあなたへ 」

鑑賞後はこのキャッチコピーに勇気づけられます。