「 ピーターラビット2 バーナバスの誘惑 」考察レビュー

ピーターラビット2 バーナバスの誘惑

管理人

映画ライフ楽しんでますか? 今回は、ペンネーム@小松糸さんからの投稿レビューです。

前作からめでたく結婚したビアとマクレガー。

ピーターとも無事に「 家族 」となったが、マクレガーの父親気取りにピーターたちもウンザリ。

そんな中、ビアの絵本が評価され、シリーズ化やグッズ化などの話が進んでいく。

湖水地方から離れ都会へと向かうピーターたち。

そこで待ち受けていたものとは?

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

ピーターラビット2 バーナバスの誘惑

ピーターラビット2 バーナバスの誘惑

©ピーターラビット2 バーナバスの誘惑

公開日

2021年6月25

原題

Peter Rabbit 2 The Runaway

上映時間

93分

キャスト

  • ウィル・グラック(監督)
  • ローズ・バーン
  • ドーナル・グリーソン
  • デヴィッド・オイェロウォ
  • エリザベス・デビッキ
  • レニー・ジェームズ
  • マーゴット・ロビー
  • ジェームズ・コーデン

予告編

公式サイト

ピーターラビット2 バーナバスの誘惑

作品評価

作品評価
映像
(3.0)
脚本
(3.0)
キャスト
(3.0)
音楽(BGM)
(4.0)
リピート度
(3.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(3.0)

ピーターラビット2 バーナバスの誘惑(感想レビュー)

ピーターラビット2 バーナバスの誘惑

©ピーターラビット2 バーナバスの誘惑

前作の続き、キャストも続投。

だが、前作よりもマイルドになったという印象だった。

前作は少し黒い笑いの要素もあって、それが可愛らしいピーターラビットらしくなくて逆に笑えた。

今作はピーターたちが湖水地方から離れて冒険するのがテーマだったので、アドベンチャーぽさもあった。

前作同様、1番好きなキャラクターはニワトリ。

だが、1作目よりも台詞がパワーアップしていてさらに好きになった。

今作は、よりウサギたちの魅力やクセ、可愛さが全面に出ていた。

ウサギの中で1番好きなのはカトンテール。

ウサギの中で唯一、砂糖の美味しさに気付いて狂ってしまうウサギ。

ジェリービーンズは危険。

ドタバタして、離れたりまた会ったり、かと思ったら大きな失敗をしてしまったり、でも仲直りしたり。

いろんなハプニングが起こって進んでいく物語は「 トイ・ストーリー 」を少し思い出させた。

もともと一緒に暮らしていた仲間と、新たに都会でできた友だちと揺れる場面も。

バーナバスは、ピーターの亡き父の知り合い。

その背景もあって、ピーターはバーナバスに父のような頼もしさや、ウサギたちのリーダーだったピーターが、初めて背中を追う存在に出会う。

そうした都会の野良動物たちとの出会いや、盗みを生業としているバーナバスへの憧れが、今後ピーターが生きていく上で様々な刺激になるんだと思った。

一方、ビアのピーターラビットの絵本に関しても動きがあった。

売れればなんでもいいってわけではない。

商業主義を皮肉っていた。

まとめ

ピーターラビット2 バーナバスの誘惑

©ピーターラビット2 バーナバスの誘惑

ウサギがスペースシャトルに乗って宇宙に行くお話、どんなものなのか少し読んでみたい気もする。

3作目も4作目も、ピーターと愉快な仲間たち vs マクレガーさん のドタバタ対決を見守っていきたい。