【 Netflix おすすめ 】「 オキシジェン 」考察レビュー

オキシジェン

管理人

映画ライフ楽しんでますか? 今回は、ペンネーム@流理英さんからの投稿レビューです。

目覚めた場所が密閉空間の精密機器の中。

ここはどこなのか?

自分は何者なのか?

段々と減っていく酸素(オキシジェン)。

果たして生き残れるか?

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

オキシジェン

オキシジェン

©オキシジェン

公開日

2021512

原題

Oxygen

上映時間

101

キャスト

  • アレクサンドル・アジャ(監督)
  • メラニー・ロラン
  • マチュー・アマルリック
  • マリック・ジディ

予告編

公式サイト

オキシジェン

作品評価

作品評価
映像
(4.0)
脚本
(4.0)
キャスト
(3.5)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(3.5)
グロ度
(3.0)
総合評価
(4.0)

オキシジェン(感想レビュー)

オキシジェン

©オキシジェン

好きだった点

登場人物が少なく、謎を解き明かしていく過程がスリリングで、感情移入しやすかった。

ミロと呼ばれるAIとのやりとりが軽妙で、かつ重要な部分を占めており、いかにも近未来という感じがした。

嫌いだった点

ミロを通じて電話のやりとりをするのだが、その相手が謎で、どういう組織のものか分かりにくかった。

単なる惑星移住にしては、なぜそこを隠すのか意味不明でした。

見どころ

AIのミロとのやり取りで色々な情報を引き出し、自分は一体何者なのか、今置かれている状況はどういう状況なのか、探りを入れていき真実に向かっていく。

フラッシュバックにより、自分の伴侶たる夫を見つけ、最終的にどういう結末を迎えるのか?

必見です。

考察レビュー

最初は、地中に埋められているのかと思いましたが、宇宙空間に置かれている状況だということが、段々と分かってきました。

酸素が足りないのは、近頃の流行なのかと思いました。

密室における電話の相手が、なぜ真の目的を隠すのか意味不明でした。

まとめ

オキシジェン

©オキシジェン

AIのミロが重要な役割を担っていると感じました。

SNSで伴侶たる夫を発見したり、自分のことを思い出したり。

最後の問題、酸素は足りるのかどうか、そこは見逃さないように。