映画ライター募集中

【 映画ライター募集 】あなたも映画ライターデビューしてみませんか?

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、当メディアの映画ライター募集について。

なぜ映画ライターを募集するのか?

理由などをザックリと書いていきたいと思います。

映画ライター募集(経緯)

これまでの映画メディア運営

これまで当メディアの記事は、僕が全て執筆してきました。

削除した記事を合わせると500本近くになりますが、今残っている記事は350本ほどです。

魂を込めて書いた記事もあれば、内容の薄い記事もありますが、多くの人にとって読みやすい映画記事を心がけて書いてきたつもりです。

最初は個人の趣味で始まった映画Blogでしたが、予想以上に成長してしまいまして、昨年10月には月間53万pvまでアクセスが伸びています。

映画ライター募集の理由

毎月数十万人の目に触れるメディアにもなってきた為、下手な記事は書けなくなってしまいました(笑)

それはそれで問題はないですが、2020年度は月間100万アクセスという目標を設定しました。

僕1人で記事を書き続けるのは限界がありますので、映画好きの皆さんに力を借りることになった次第でございます。

これまでは最新映画などのトレンド記事はほとんど書いてこなかったのですが、僕1人で全ての最新映画を見ることもまた不可能と悟りました。

多くの人に映画の素晴らしさを伝えたいということで立ち上げたメディアでもありますので、逆に最新映画を取り扱わないのは失礼なのかなと感じました。

映画ライター(メリット)

とはいえ、無料で記事を書いてくれというのは、皆さんの時間を奪うことにもなり、おこがましいと思います。

よって、映画ライターさんには報酬はお支払いする形をとります。

ライターさんの名前を記事に掲載すると共に、ツイッターIDも記載します。

認知度を広めたい映画ライターさんにとってはメリットがあるかと思います。

僕のメインTwitterアカウントでも記事は宣伝しますので、一石二鳥かと思います。

文字単価

文字単価と記事内容は下記のとおりです。

  • 1文字1円
  • 文字数は1000文字〜1500文字前後
  • ライター報酬は月末払い
  • 公開されている最新映画に限る
  • 月1本〜5本
  • 納期は映画を見てから5日ほど(目安)

月に1本〜5本というのは、応募のあった方たちの意見です。

月に1回〜5回ほど映画館に行くという人がほとんどでした。

映画感想記事というのは、見た当日に書くのと数日空けて書くのでは雲泥の差が出るものです。

可能な限り見た当日にある程度の感想を書くことで質のいい記事になるのかなと僕は思います。(経験上)

1000文字は最初書けないと言う人もいるかもしれませんが、無理しなくてもOKです。

別途、相談ください。

執筆の流れ

STEP.1
公式LINE追加
公式LINE追加後、メッセージ願います

STEP.2
作品リクエスト
公式LINEにて希望作品を申告

STEP.3
執筆スタート
記事執筆GOをお伝えします

STEP.4
執筆完了
執筆記事は、super_hero@chicosia.comへ送付

STEP.5
お支払い
月末に銀行振り込み(振込日は別途お知らせ)
STEP.6
振り込み口座
必ずお振込口座情報をお知らせください

STEP.7
記事公開
納品記事を公開します

流れはザックリこんな感じです。

書く手順はこちらで簡単な文章構成をお渡ししますので、構成に沿って書いていただくという流れとなります。

執筆する際の指定ファイルはありません。

ご自身のPC端末、スマホで書いた記事は、super_hero@chicosia.com宛てに送付願います。

文章構成

< タイトル >
▶︎タイトルはこちらで決めるので不要です

< 記載して欲しいペンネーム >
▶︎記載して欲しい場合は、ニックネームでもなんでも大丈夫です。TwitterIDなどInstagramなど記載したいものを教えてください。

< 導入文 >

①どんな映画だったのかを一言で表現します
②面白かったのか、そうでなかったのかを表現します
③この記事を読めばどんなことがわかるのかを記載します

< 作品情報  >(見出し①)

①公開日
〜年〜月〜日(公式サイトより検索)

②上映時間(公式サイトより検索)
〜分(例:120分)

③キャスト
〜(監督)(例:ピーター・ジャクソン(監督))
〜主要キャスト(例:ブリー・ラーソン)

④予告編
〜公式チャンネルのURLを記載(Youtubeで「 映画タイトル+予告編 」で検索)

⑤公式サイト
〜グーグルで「 映画タイトル+公式サイト 」と検索

< 感想・ネタバレレビュー >(見出し②)

ネタバレはしても大丈夫です。

好きな形で書いてください。

①好きだった点(=良かった点)▶︎小見出し①

②嫌いだった点(=微妙だった点)▶︎小見出し②

③見どころ▶︎小見出し③

④考察▶︎小見出し④
〜自分なりでOK、考察するほどでもなければ記載しなくて大丈夫です

⑥疑問点とその回答(映画を見て自分が疑問に思った点)
〜読者目線で書くことが大切

< まとめ >(見出し④)

最後に映画を見てほしい思いをお伝えください。関連のおすすめ映画を書いても大丈夫です。

お任せします。3行〜5行くらいが理想です。

再度、文章を書く際の注意点を下記に記載します。

映画ライターとして執筆する方は必ず下記をお読みください!

  • 「 あらすじ 」は不要
  • この色で記載した部分は必ず記載する
  • ネタバレはOK(任せます)
  • コピペは完全NGです
  • 必ず文章構成通りに執筆する
  • 執筆ジャンルに指定はありません
  • 見出し小見出しは文字数カウントしない

執筆する際は、文章構成部分を全てコピペして構成を見ながら記事を書いていきましょう。

参考記事

僕が書いたレビュー記事を参考にしてもOKです。

ジョーカー 」感想レビュー

秒速5センチメートル 」感想レビュー

ダーク・フェニックス 」感想レビュー

ザ・ウォーカー 」感想レビュー

フライト 」感想レビュー

Webライティング

Webライティングを独学で勉強したい人は、僕が別で運営しているBlogを参考にしてもいいと思います。

これから自分でメディアを運営していきたい人にとっては有益な内容となるでしょう。

▶︎ライティングで大切な心得(超大切)

▶︎読まれる文章を書くために必要なのはコピーライティング

投稿記事

いくつか実際の投稿記事を参考にするといいと思います。

▶︎ 投稿記事

まとめ

ザックリこんな感じです。

映画が好きな人であれば、難しくないと思います。

一緒に映画メディアを作っていきましょう。

多くの方から応募を頂いて質問を多くいただきます。

お互い余分なやり取りが減るようにこの記事を書いていますので、まずはこの記事を隅から隅まで読んでください。

それでもわからない点は聞いてください。

応募方法は下記の公式ライン(QRコード)よりお問い合わせください。

映画好きはカモーンです。