「 まともじゃないのは君も一緒 」考察レビュー、成田凌がいい演技してるぜ

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(@小松糸)さんからの投稿レビューです。

数学一筋で人とのコミュニケーションが苦手な予備校講師(大野)と、知識ばかりで経験ゼロの教え子(香住)。

2人が織りなす「 普通 」を求めるラブコメディー。

 

画像の引用元:公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

まともじゃないのは君も一緒作品情報)

まともじゃないのは君も一緒

©まともじゃないのは君も一緒

公開日

2021319

上映時間

98

キャスト

  • 前田弘二(監督)
  • 成田凌
  • 清原果耶

予告編

公式サイト

まともじゃないのは君も一緒

作品評価

五つ星
映像
(3.0)
脚本
(5.0)
キャスト
(4.0)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(5.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(5.0)

 

まともじゃないのは君も一緒(感想レビュー) 

まともじゃないのは君も一緒

©まともじゃないのは君も一緒

好きだった点

会話のテンポが最高。

何度でも見れる。

感情の変化や、意識するポイントが非常に分かりやすく、もどかしくなるので見ていてムズムズすることもしばしば。

「 普通 」を求めるけど「 安定 」に走るのも嫌すぎる。

普通はそこで捨てる。

でも後々を考えてこのままにしておく。

ものすごく分かるけれど、実際それを目の当たりにすると相当気持ち悪いこと。

そんな関係はいつか終わる。

あれはきっと終わりを先延ばしにしただけだ。

そのリアルさを描き、主人公2人との線引きのような関係性がとても見事だった。

成田凌さんは本当にバイプレーヤーな役者さんだと思う。

あの大野のモニョモニョした口、奇妙な笑い方。

絶妙。

まともじゃない大野さんが好きになる。

この映画に原作がないっていうのが凄い。

嫌いだった点

今作における「 宮本さん 」というキャラは、絵に描いたような悪役ポジション。

98分の中で宮本さんが悪事を働くのは数分間でしかなく、彼の気持ち悪くしたたかな瞬間がもう少しあれば、憎めるような感じはした。

まともじゃないのは君も一緒(考察レビュー) 

まともじゃないのは君も一緒

©まともじゃないのは君も一緒

全体的に「 普通 」「 まとも 」という言葉が多くん登場するが、何をもって普通とするのかは人それぞれ。

全部が普通なのはつまらない。

この映画を見る前と後だと、タイトルの捉え方が少し変わると思う。

今作を面白いと思える人はきっと、いい意味で普通じゃない。

大野さんが気になる。

予備校にいるとき、香住いる所しかほぼ描かれてないので、プライベートが謎。

めちゃくちゃ面白いルーティーンとかありそう。

どんな人生を送ってきたのか、純粋にとても気になる。

映画ライターになりませんか?

映画ライター

映画ライターに興味ある人は是非チャレンジしてみては?

▶︎ さあ、映画ライターになろう

限定コラムは公式LINEにて配信中

公式ライン

お友達に追加する

 

まとめ

まともじゃないのは君も一緒

©まともじゃないのは君も一緒

会話もテンポも、なにより主演2人の空気感も素晴らしい。

重たい話でもないので、気が向いたときにフラッと見れる。

とても素敵な1本でした。