【 Netflix 】「 ロストブレット 窮地のカーチェイス 」考察レビュー

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(@流理英)さんからの投稿レビューです。

改造した車がビルの一階をぶち抜く場面から始まる。

トランスポーター 」でもない「 Taxi 」でもない「 ワイルド・スピード 」でもない。

新しいカーアクション・ムービーの幕開け。

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

ロストブレット 窮地のカーチェイス

ロストブレット 窮地のカーチェイス
©ロストブレット 窮地のカーチェイス

公開日

2020619

原題

Lost Bullet

上映時間

93

キャスト

  • ギョーム・ピエレ(監督)
  • アルバン・ルノワール
  • ニコラ・デュボシェル
  • ラムジー・べディア
  • ステフィ・セルマ
  • ロッド・パラド
  • セバスティアン・ララン
  • パスカル・アルビロ

予告編

公式サイト

ロストブレット 窮地のカーチェイス

作品評価

5つ星

映像
(3.0)
脚本
(4.0)
キャスト
(3.5)
音楽(BGM)
(4.0)
リピート度
(3.5)
グロ度
(2.0)
総合評価
(4.0)

感想レビュー

ロストブレット 窮地のカーチェイス
©ロストブレット 窮地のカーチェイス

好きだった点

最初に挙げたどのカー・アクションムービーとも違う、一線を画したオリジナリティ溢れる点。

嫌いだった点

悪役の刑事が登場しますが、その刑事がとにかく嫌いでした。

見どころ

誰がいつ殺されるか、分からないところ。

いい意味でハラハラ、ドキドキしました。

まとめ

ロストブレット 窮地のカーチェイス
©ロストブレット 窮地のカーチェイス

車好きの方は、楽しめると思います。

僕は車に詳しくないので、カー・アクションムービーとして見ましたが、通好みの要素があるのかもしれません。

フランス映画だからか女性の活躍する場面も多々あり、そこは好印象でした。




ロストブレット 窮地のカーチェイス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!



目次
閉じる