【 10月 】韓国映画強化月間

【 ロキ単独ドラマ 】ディズニー・プラスで公開予定、ロゴ、コンセプトアートが明らかになる

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

前回、MCUでのロキは生きているという記事を紹介しました。

ロキ単独ドラマシリーズは、今年11月にサービス開始のディズニー・プラスで公開予定。

ディズニー帝国は、今後、Netflixを追い抜く可能性すらあります。

今のところ、多くは明らかになっていないですが、2つ判明したことがあります。

ロゴ、コンセプトアートです。

サクッとみていきましょう。

画像の引用元:IMDb公式サイトより 

ロゴ

4月11日に開催されたディズニーイベントの様子が、ネット上で公開されました。

マーベル・スタジオズ社長 ケヴィン・ファイギの後ろに、公式ロゴ、コンセプトアートが見えますよね。

ロゴ自体は、めちゃくシンプル。

コンセプトアート

注目ポイントは、コンセプトアート。

ロキの後ろにJAWSの文字が見えますよね。これは、映画『 ジョーズ 』の看板です。

ジョーズは、1975年にアメリカ公開なので、ロキの舞台は1970年代の過去である可能性が高いといえます。

もしくは、エンドゲームでのタイムトラベルが関係しているかもしれません。

インフィニティウォーでサノスに殺されたロキは、もう復活しないと思われていました。

しかし、エンドゲームで過去の時間軸にいたロキは、スペース・ストーン(テッセラクト)を強奪し逃走。

別のタイムラインでのロキは、生きています。

新たな時間軸

ロキの単独ドラマは、一体、どのような形でMCUとつながっていくのか?

気になっているファンも、多いんじゃないですかね。

トム・ヒドルストンは、声だけの出演という噂がありました。しかし、

あとになって、彼がロキ役として、ドラマに出演することをディズニー側が認めています。

ロキがスペース・ストーン(テッセラクト)を持ち逃げしたことで、新たなタイムラインが生まれてしまいました。

ディズニー側からすると、展開はどうにでもなりますよね。

ある意味、チートすぎるのではないでしょうか。

だって、タイムトラベルと絡めたらどんなストーリー展開もできるじゃないですか。

まとめ

ロキがスペース・ストーンを持ったままであれば、強力なインフィニティ・ストーンのパワーを使い、過去にタイムトラベルすることも可能でしょう。

ロキ自身、過去を変えようとしているのでしょうか。

それは誰にもわかりません。

わかっていることは、ただ一つ。

タイムトラベル説です。

またかよってなりますけどね(笑)

楽しみですね。