映画ライター募集中

【 洋画 】おすすめ映画「 ジョジョ・ラビット 」感動のラストに涙が溢れてしまうというお話

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(@yoko)さんからの投稿レビューです。

サクッといきましょう。

↓ ↓ ↓ ↓

こんにちは、Yokoです。

今回は、アカデミー賞作品賞にもノミネートされている「 ジョジョ・ラビット 」を観たので、その感想と考察をご紹介したいと思います。

第二次世界大戦末期のドイツを舞台に描かれたコメディー映画。

10歳の少年のイマジナリーフレンドがなんとヒトラーというとんでもない設定になっていましたが、愛がたくさん詰まった作品になっていました。

そして個人的には子どもから大人への成長物語だとも感じる作品でした。

それでは「 ジョジョ・ラビット 」の考察と感想をどうぞ。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

 

作品情報

Jojo Rabbit

公開日

2020年1月17日

上映時間

109分

キャスト

  • タイカ・ワイティティ(監督)
  • ローマン・グリフィン・デイビス
  • トーマシン・マッケンジー
  • スカーレット・ヨハンソン
  • サム・ロックウェル
  • レベル・ウィルソン
  • アルフィー・アレン
  • スティーブン・マーチャント

予告編

公式サイト

ジョジョ・ラビット

 

 

ネタバレ・感想レビュー

第二次世界大戦中のドイツ軍を描いた戦争映画だと思われている「 ジョジョ・ラビット 」

私は10歳の男の子が大人になっていく様子を描いた成長物語だと感じました。

10歳の少年ジョジョは、戦争を通して多くのことを学びます。

ジョジョがイマジナリーフレンドを卒業し現実を受け入れ、大人へと成長していく姿に私はとても心打たれました。

ジョジョは、青少年団ヒトラー・ユーゲントの合宿に参加しますが、臆病で合宿が不安で仕方ありません。

ジョジョにとっての唯一の心の支えはイマジナリーフレンドのヒトラーなのです。

心の中でヒトラーに励ましてもらい勇気をもらっていますが、イマジナリーフレンド無しでは強くなれないまだまだ子供でした。

そんなジョジョが家に匿われていたユダヤ人のエルサと出会い、少しずつ変わり始めます。

ジョジョはナチを崇拝していますが、本当はエルサが言うように、戦争ごっこが好きで現実を知らない10歳の男の子でしかないのです。

エルサによって現実を知るようになったジョジョは、ユダヤ人は自分たちと変わらない人間だと気がつきました。

そして「 恋 」なんて気持ち悪いと思ってい少年が、少しずつエルサに恋心を抱くようになります。

初恋を経験したジョジョは、いつしか大人の階段を上がり始めていました。

さらに、ジョジョを大人にしたのは突然の母との別れでした。

ドイツ軍によって処刑されてしまった母。

大人になり始めたジョジョでしたが、それでもまだイマジナリーフレンドは純粋無垢な子供の世界にジョジョを閉じ込めようとします。

エルサと出会い母を失い戦争の現実を知ったジョジョは最後にそんなイマジナリーフレンドを蹴飛ばし、自分の心から追い出しました。

この瞬間ジョジョは大人になりました。

ずっと母親に結んでもらっていた靴紐は子供であることの象徴でしたが、最後にジョジョはエルサの靴紐を結んであげます。

そこにはもう幼いジョジョはいません。

エルサとともに外に出たジョジョ。

大人への扉を開けた瞬間だったのではと感じるラストでした。

見どころ

可愛いジョジョやヒトラーを真似たタイカ・ワイティティ。

「 ジョジョ・ラビット 」の見どころは何と言ってもサム・ロックウェルでしょう。

サム・ロックウェル扮するクレンツェンドルフ大尉は、青少年団ヒトラー・ユーゲントで子供を教育する役。

いつも通りの弱くて嫌な感じのサム・ロックウェルかと思いきや、まさかの強くて熱い心の持ち主でした。

エルサが見つかった時は、エルサをかばったりする優しさを見せてくれますが、1番印象的だったのはラストでジョジョを助けたシーンでしょう。

戦後ナチの制服を着ているとどうなってしまうか理解していないジョジョを助けるために、ジョジョの制服の上着を剥ぎ取ります。

ジョジョに向かって「 ユダヤ人め 」と叫びあえてジョジョを追い払います。

このサム・ロックウェルの優しい姿に涙が溢れてきました。

生きるために自国の流れに従ったクレンツェンドルフ大尉は、ジョジョやエルサを助けることで最後に自分らしさを貫いたのかもしれません。

そんな彼の姿がとても切なくもあり美しくもあり涙が止まりませんでした。

 

 

ツイッターの声

 

 

まとめ

第二次世界大戦末期のドイツを描いた「 ジョジョ・ラビット 」ですが、10歳の男の子が恋をして大人になっていく成長物語でした。

そしてジョジョを成長させた大人たちは、最後まで自分らしく生きて散っていた人たちでもありました。

コメディ映画ですが、ラストは涙が溢れること間違いなしの作品となっていました。

▶︎ 映画ライターさんの投稿記事(まとめ)