さあ、映画ライターになろう

【 ネットフリックス 】映画「 ヘイター 」ネタバレあり解説、暗黒版「 ソーシャル・ネットワーク 」

ヘイター

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(@D)さんからの投稿レビューです。

これまでNetflixオリジナル映画を50本以上鑑賞し、その盛り上がりの多くをリアルタイムで見てきました。

中でも去年配信されたアイリッシュマンは個人的に別格でして、ベストの位置付けでした。

しかし、早くもその記録が更新される作品に出会ってしまったのです。

「 へイター 」は現状、Netfilxオリジナルの最凶映画。

▶︎ サスペンス作品(まとめ)

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

ヘイター(作品情報)

The Haterヘイター

公開日

2020729

上映時間

136

キャスト

  • ヤン・コマサ(監督)
  • マチェイ・ムシャウォウスキー
  • アガタ・クレシャ
  • ダヌタ・ステンカ

予告編

公式サイト

ヘイター

作品評価

勝手に評価
映像
(5.0)
脚本
(5.0)
キャスト
(5.0)
音楽(BGM)
(5.0)
リピート度
(5.0)
グロ度
(5.0)
総合評価
(5.0)

 

ネタバレ・感想レビュー

ヘイター

今作はポーランドの映画作家、ヤン・コマサ監督の最新作。

この作品を一言で言うなら、暗黒版「 ソーシャル・ネットワーク 」

ピカレスクロマン最新形。

好きだった点

監督のヤン・コマサのセンスです。

現在みることのできる2作品( ヘイター、リベリオン )を鑑賞した印象です。

ポーランドの社会派映画を得意とし、容赦のないバイオレンスと、アートな映像表現・音楽との融合が特徴的。

なんとなく、ニコラス・ウィンディング・レフン作品を初観賞した時の喜びに似ているような気もします。

へイターの巧みなサスペンス演出はヒッチコックの「 裏窓 」オマージュを感じます。

嫌いだった点

この作品は完璧なので、嫌いな点はないです。

ただし、へイターはヤン・コマサのデビュー作「 ログアウト 」の続編らしいのに、「 ログアウト 」が配信・ソフト化されていない!

日本語字幕付きで見ることができません。

大至急何とかしてもらいたいです。

また、ヤン・コマサの3作品目「 ワルシャワ蜂起 」も見ることができません。

尚、へイターがログアウトの続編と知ったのは、へイターを見た後でした。

へイターを単独で見ても問題はないのですが、気になります。

ヤン・コマサは、フィルモグラフィー全てを制覇したくなる監督です。

見どころ

大物と化していく主人公の闇落ち過程。

「 ソーシャル・ネットワーク 」ではマーク・ザッカーバーグといった実在のSNSの権化、現代のメディア王となっていきますが、今作ではその逆。

最初は、法学部なのにレポートの盗作がバレて除籍になってしまう小悪党でした。

ところが、SNSなどを使って個人や企業のアンチのイメージダウンをする仕事を始めると、女にモテない持ち前のストーカー気質やオタクの裏工作といった才能が開花。

政治の世界まで踏込んでいきます。

実態の見えないその手腕は、大胆かつ用意周到。

悪魔か死神のようなフィクサーです。

ジェシー・アイゼンバーグがマークザッカーバーグにハマり役だったように、マチェイ・ムシャウォウスキーは初めて見ましたが、このキャスティングは素晴らしい。

この悪魔的主人公が中傷しまくった結果、ありがちな話にならない点も意外性があって面白かったです。

考察・疑問点

グロさについては、ヤン・コマサ監督の2作品目「 リベリオン ワルシャワ大攻防戦 」に比べれば控えめです。

しかし、主人公が仕事に用いる「 嘘、盗聴、スパイ活動など 」何でもありの手口は、緊迫感に溢れエグさ満点。

会社の上司から、孫氏の兵法は最恐のビジネス書だから学びなさいと渡されると、その勢いはさらに加速します。

映画「 リベリオン 」では、壮絶な第二次世界大戦末期のナチス占領下のポーランドが描かれます。

むき出しのグロさとアート性をまとった作品です。

今作でもその系譜は引き継がれています。

丁寧に積み上げられた伏線回収かつ、大どんでん返しのクライマックスでその片鱗を体験できます。

この脚本の繊細さ、映像センスの秀逸さには度肝を抜かれました。

映画ライターになりませんか?

映画ライター

映画ライターに興味ある人は是非チャレンジしてみては?

▶︎ さあ、映画ライターになろう

Youtubeチャンネル

Youtubeも配信中。

チャンネル登録する

公式LINE

主な配信内容は下記の通り。

  • 最新の映画情報
  • 割引クーポン
  • プレゼント企画

お友達に追加する

 

まとめ

ヘイター

Netfilxオリジナルベストの最凶映画。

監督のヤン・コマサは、ポーランドの映画作家。

ポーランドのアカデミー賞とされるイーグル賞で作品賞など11部門に輝き、

アカデミー賞国際長編映画賞(旧:外国語映画賞)で、「 パラサイト 半地下の家族 」「 ペイン・アンド・グローリー 」などと争った、

同監督の「 聖なる犯罪者( 日本公開2021115日予定 ) 」が注目されています。

「 聖なる犯罪者 」公開前に、「 へイター 」の鑑賞がオススメです。

ヤバいポーランド映画、ぜひご覧ください。

▶︎ ライター投稿レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。