映画ライター募集中

【 洋画 】おすすめ映画「 フォードvsフェラーリ 」見てないの? 絶対王者フェラーリに牙をむくフォード

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(@nakidsworks)からの投稿レビューです。

サクッといきましょう。

↓ ↓ ↓ ↓

①どんな映画だったのかを一言で表現します

②面白かったのか、そうでなかったのかを表現します

③この記事を読めばどんなことがわかるのかを説明します。

めちゃくちゃ楽しめます!

スポーツカー、レーシングに興味ない人も巻き込んで。

ストーリーにはそこまで踏み込まず俯瞰してどんな物語か?

これは意外にも万人向けの物語なのだということを伝えます。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

 

作品情報 

Ford v Ferrari

公開日

2020110

上映時間

152

キャスト

  • ジェームズ・マンゴールド(監督)
  • マット・デイモン
  • クリスチャン・ベール
  • カトリーナ・バルフ

予告編

公式サイト

フォード vs フェラーリ

ネタバレ・感想レビュー

どんな映画だったのか

GT40を生んだ、おとこたちの挽歌

好きだった点

終始エキサイト!

ただのカーレース映画じゃない。

これはドラマだ。

男たちのパッションと信念をかけた血湧き肉躍る熱い熱い戦い。

嫌いだった点

唯一、あげるとすれば、

マット・デイモン演じるキャロル・シェルビーの、挫折と再起の道のり、元レーサーから車を販売する側の人間になった心情、洞察が少し足りない気がする。

カー・デザイナーというが、劇中を見る限りは自動車販売店のオーナーにしか見えない。

そして、主人公ケン・マイルズの最期。

あまりにあっけなさすぎて拍子抜けした。

もっと精緻に描いてほしかった。

見どころ

絶対王者フェラーリ族に牙をむく、レーシング界では新鋭のフォード。

チカラの差が逆転するモータースポーツ、ル・マン24の世界でしのぎを削る両者の火花散るバトル。

それを核に、まるで生き写しの(笑)

クリスチャン・ベイル演じる暴れ馬なケン・マイルズが魅せる生粋のレーサー魂。

それを影で支える、マット・デイモン演じる、これまた骨太なキャロル・シェルビーの男の友情。

考察

妻と子以外の誰にも心を打ち解けない、明かさない、頑固一徹なケン・マイルズ。

何度かすりよってきてくれるキャロル・シェルビーにもなかなか打ち解けない。

が、しかし。

フォードがモータースポーツに参入する発表となる式場への、キャロル・シェルビーの無鉄砲で派手な登場の仕方。

上層部への働きかけや、反発。

ケン・マイルズはオレのレーサーだ、と死守する姿勢。

そういった言動をそばで見て、頑ななケン・マイルズの心に変化が出てくる。

レーサーとしての情熱も、チームへの忠誠に等しいマイルドさ、敵であるエンツォ・フェラーリにも垣間見せる敬意。

すべてが美しい。

 

 

まとめ

タイトル、スーパーカー、モータースポーツ、といった見出しに敬遠する人へ。

男臭く感じるだろうが、遠ざけてはいけない。

それはない。

終始エキサイティングに躍動感が襲ってくる。そして、観終わったあとの開放感、これはなかなかない。

年始め、これを観ないのは損します。映画人生において。

スーパースポーツ、レーシングに興味ない人も、女性も、観た方がいい。

間違いなく熱狂の渦に飲み込まれる。

▶︎ 映画ライターさんの投稿記事(まとめ)