【 英語学習 】エリザベス・オルセンで英語を勉強しよう < 第5回>

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、エリザベス・オルセンで英語を学ぼう<第5回>です。

エリザベス・オルセンは、めちゃくちゃファンが多く、要望が多かったので登場させました。

かわいいオルセンを見ながら英語を勉強すると、みるみるうちに英語が上達(しません)!

モチベーションにはなるかと(笑)

今日の動画

チャンネル登録してね

今日の単語

ロングマン英英辞書より

curious 〜 wanting to know about something 

ex)I am curious to see how things connected.
ものごとがどのように、繋がったのか気になる。

recover 〜 to get better after an illness, accident, shock etc 

ex)After a few days of fever, she began to recover. 
数日後、彼女は回復し始めた。

今日のフレーズ

I don’t understand

〜理解できません。

相手が何を話してるか理解できない場合は、とりあえず、I don’t understandといえるようにしましょう。

 

 

今日の文法

how+S(主語)+V(動詞)

訳は2種類でして、S(主語)がどのようにしてV(動詞)するか / SがVする方法

ex)I am curious to see how things connected.
ものごとがどのように、繋がるのか気になる。

Howの直後はS(things)+V(connected)

What+S(主語)+V(動詞)

訳は、〜S(主語)がV(動詞)すること、S(主語)がV(動詞)するもの

文中でS(主語)、C(補語)、O(目的語)になる。

ex)What I ate was an apple.
私が食べたものは、リンゴです。

これは、WhatがS(主語)になったパターン。

ex)This is what I want to do now.
これは、私が今やりたいことです。

これは、WhatがC(補語)になったパターン。

ex)I know what i have to do.
私がしなければいけないことは知っている。

これは、whatがO(目的語)になったパターン。

Where+S(主語)+V(動詞)

訳は、S(主語)がV(動詞)するところ

ex)I can record where we go.
私は、私たちが行く場所を記録することができます。

ex)I don’t care where we go.
どこへ行こうが気にしない。

バックナンバー

過去の英語シリーズ

まとめ

エリザベス・オルセンかわいいですねえ。

オルセンが学校で英語の先生だったら、男子の英語成績アップしますね(笑)

引き続き、楽しんで学んでいきましょう。