さあ、映画ライターになろう

ネット通販

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、皆さんにネット通販のことを知って欲しいという思いから、記事を執筆しています。

ザッと目を通して頂けたら嬉しいです。

ネット通販を始めた理由

普段から僕のブログを読んでくださる方はご存知かもしれません。

僕は、ブログと同時にネット通販を開設しました。

販売商品は、映画グッズです。

主にアメコミジャンルの商品を販売しています。

今後はアメコミ以外の映画グッズを増やしていきます。

ホットトイズはほとんど大手企業相手にしか卸し販売していないので、ダメ元でゴリゴリにお願いした結果、なんとか卸してもらえそうです。

営業担当から「 コイツうざいな 」と思われたに違いありません。

越境ECを視野に入れている理由から、自社通販を構築中でして、しばらくの間クローズ中とさせて頂いておりました。

ようやく準備も整い、いざ開始!となったところでコロナが直撃しました(笑)

よって、オープン日が大幅に遅れている次第であります。

僕がネット通販を始めた理由

キッカケは、SNSから来た1通のDMです。

「 映画グッズ購入を考えているものの、映画グッズを購入できる実店舗が住んでいる地域にないです。ネット通販は探せばあるのですが、どうせ買うなら映画が大好きな人から買いたいです、ジョンさん、ネット通販やってくれませんかね?」

そうきたかと思いつつも、じゃあやってみようと思い立ちました。

やろうと思ったものの、通販の運営方法、仕入れ方法、配送方法など一切の知識がない状態からのスタートでした。

次第に商品数は増えていき、最終的には50種類近くまで商品数が増えました。

仕入れ、検品、梱包、配送、お客さん対応、全て1人でやってきたので、同時に学びも多かったですね。

2年かけて47都道府県を制覇することが出来ました。

よく広告使ったんでしょ?

と言われますが、一切広告は使ってないです。

今後は広告打ちますけど(笑)

何を買うかよりも、誰から買うか?

通販を運営していく過程で、通販市場も変化してきているなあと感じます。

A(500円)、B(800円)という商品があるとします。

Aの販売者は映画好き、Bの販売者は映画好きか分からない。

僕が買う立場であるならば、料金が高くても映画好きな人から買いたいと思うわけです。

そのように感じている人は僕だけと思っていましたが、どうやらそういうことでもなさそう。

これは肌感で感じていることではありますが。

通販運営中に情報発信の大切さに気付きました。

個人、法人問わず、メディアを持つことの重要性を肌で感じました。

最後に

本当にサクッとですが、通販立ち上げの経緯を紹介してみました。

サラリーマン時代の副業としてスタートさせた通販でした。

サラリーマンってお昼休憩にランチ行くじゃないですか。

僕は朝に売れた商品を袋に入れて、それを会社に持って行き、ランチ時間は郵便局に行って配送していました(笑)

今考えたらよく頑張っていたと思います。

副業禁止だったけど無視してやってました(笑)

時代の変化を感じますね。

何を買うかよりも、誰から買うのか。

Eコマース(通販)市場は変化の時を迎えております。

そういった意味では、情報発信というものは大切だなと実感しています。