今週のイチオシ映画「 スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム 」

「 ディナー・イン・アメリカ 」考察レビュー

ディナー・イン・アメリカ

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム@小松糸さんからの投稿レビューです。

冴えない学校生活を送るパティが偶然出会ったのは、不審な男を家に匿うが、その正体は彼女が大ファンのパンクロックバンドの覆面ボーカルだった。

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

ディナー・イン・アメリカ

ディナー・イン・アメリカ
©︎ディナー・イン・アメリカ

公開日

2021924

原題

Dinner in America

上映時間 

106分

キャスト

  • アダム・レーマイヤー(監督)
  • エミリー・スケッグズ
  • カイル・ガルナー
  • グリフィン・グラック

予告編

公式サイト

ディナー・イン・アメリカ

作品評価

5つ星

映像
(4.0)
脚本
(3.0)
キャスト
(4.0)
音楽(BGM)
(5.0)
リピート度
(4.0)
グロ度
(2.0)
総合評価
(5.0)

感想レビュー

ディナー・イン・アメリカ
©︎ディナー・イン・アメリカ

アメリカのぶっ飛び映画、最高だった。

めちゃくちゃパンクでちょっと下品。

でも王道ラブコメのような要素もあり、少し困惑する人も多いだろう。

音楽映画だと思って見る人も多い気もするが、実際は違う。

主演2人がとにかくキュートで、でもやることは派手だし馬鹿げてる。

そんな2人のことを、観賞後にはどうしようもなく好きになっているだろう。

BGMがとにかくカッコいい。

サントラの購入も考えるほど、映画とマッチしていてとてもよかった。

パンクロックのライブシーンは、体を動かしたくなるほどアツい。

ずっと自然に口角が上がっていた。

「 パーティで女の子に話しかけるには 」に通じることもあるが、ちょっと汚くてでもアツい。

そんなパンク映画が個人的に凄く好きだ。

地味で根暗なパティが、サイモンに出会い、どんどん明るくなっていく。

2人は似てないけれど、とてもお似合いのカップルだと思った。

車の中のシーンが好きだ。

何回もあるが、その度に2人の距離が縮まるのがよく分かる。

パティが歌うシーンは泣きそうになった。

彼女の心の内を素直に表現する歌詞と、サイモンが愛おしそうにパティを見つめる眼差しがとても温かく、良い時間がそこには流れていた。

パンクとは「 生き方 」「 信じるもの 」それぞれいろんなものを「 パンク 」というものに重ねる。

それが「 人生 」になる。

パンクロックを愛するファンにとって、たまらないメッセージ性を秘めた作品であることは間違いない。

その一瞬の音に秘めた情熱に心が震えた。

まとめ

ディナー・イン・アメリカ
©︎ディナー・イン・アメリカ

もしかしたら今年の個人的ベストに入るかも?

と思うほど、刺激的で好きな作品だった。

コロナによる映画館の規制も少しづつ緩和されてきている今、刺激を求めている人、パンクが好きな人など、多く人に見てもらいたい作品だ。




ディナー・イン・アメリカ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!



目次
閉じる