【 ネットフリックス おすすめ 】「 デイ・オブ・ザ・ロード 」考察レビュー、癖が強烈な悪魔祓い(エクソシスト)に注目せよ

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(@テオ)さんからの投稿レビューとなります。

Netflixにとんでもないエクソシスト作品がやってきました!

刑務所から出所した神父に依頼された「 悪魔祓い」 

悪魔は存在するのか?

この神父は頭がオカシイのでは?

何を信じていいか分からないまま、後半からトンデモ展開になる「 デイ・オブ・ザ・ロード 」をご紹介します。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

デイ・オブ・ザ・ロード(作品情報)

デイ・オブ・ザ・ロード

©IMdb

公開日

20201030

原題

THE DAY OF THE LOAD

上映時間

93

キャスト

  • サンティアゴ・アルバラード(監督)
  • ジュリ・ファブレガス
  • ヒメナ・ロモ
  • ヘクター・イリャネス

予告編

なし

公式サイト

デイ・オブ・ザ・ロード

作品評価

勝手に評価
映像
(4.0)
脚本
(4.0)
キャスト
(4.0)
音楽(BGM)
(4.0)
リピート度
(4.0)
グロ度
(4.0)
総合評価
(4.0)

 

デイ・オブ・ザ・ロード(感想レビュー)

デイ・オブ・ザ・ロード

©IMdb

好きだった点

今作は「 エクソシスト 」(1973年)に見られるような、癖が強烈な悪魔祓い作品の1つであります。

神父メネンデス(主人公)が過去に何かをやらかし、服役していた設定です。

出所して日常生活を過ごしながらも、彼はトラウマを抱え酒に溺れる日々。

もうこの時点で、主人公を信用していいのか怪しくなりますね。

やがて、彼の下に知人がやってきて、悪魔つきと思われる娘ラケルに「 悪魔祓い」 を依頼。

家に招き入れ共同生活をしながら、彼女が本当に悪魔つきか見極めることに。

ここで「 もしかしてメネンデスの頭おかしいのでは?」と、観客に思わせ続ける演出の数々。

壁の穴から覗く目、トイレ前で待ち構える彼女の踊りに興奮している素振りなど、思わず変質者と思ってしまいます。

すると、突然彼は彼女を気絶させて拘束し、彼女の父親を呼び悪魔祓いを始めます。

ここでビックリなのが、今作での悪魔祓いの方法が「 暴力 」 なんですよ。

感電させるシーンから始まり、メリケンサックをつけて殴って爪はがす、レンチを叩きつける。

ハッキリ言って、観客も父親もドン引きですし、主人公は頭おかしいだろ!となります。

過去に彼が警察に捕まっていた理由は、悪魔祓いと称して暴力的な欲求を満たしていただけでは?

と思わずにはいられません。

本当に悪魔が存在して、ここから悪魔との肉弾戦に。

この二転三転する展開が楽しいエクソシスト映画です。

嫌いだった点

暴力で悪魔祓いをする発想が非常に面白いですが、殴られ続ける女性を見続けるのは精神的にキツいかったですね。

ラケルを演じる女優の暴力に耐えきれず、泣き喚く演技がお見事でした。

結果的に悪魔祓いが成功するとはいえ、見る人によっては相当不快な展開なのでは?

見どころ

全体的に何を信じていいのか分からない、常に観客の心がグラグラするような作り。

悪魔祓いシーンでは不気味な笑みを浮かべているメネンデスも、部屋から出た途端に苦悶の表情を浮かべます。

彼の真意は何なのか?

メネンデスの表情に着目しているだけでも面白いです。

考察レビュー

序盤から主人公は誰かと固定電話で連絡を取り合っています。

誰なのだろうと思うと、ラストでその電話の電話線が切れていたと判明。

彼は神と電話していたのか?

過去に死なせてしまった少年だったのか?

それとも電話自体が彼の妄想なのか?

明確な答えは出ません。

暴力」 でしか悪魔を祓えない彼の能力は、社会からは理解されません。

誰かを愛し人として幸せな人生を送れたずなのに、彼は「 神父 」として孤独な闘いを続けます。

それは少年への贖罪なのか?

神への信仰心からなのか?

メネンデスの心中はどこまでも分かりませんし、ラケルを救えたことが彼自体にとっての救いとなったのです。

 

まとめ

デイ・オブ・ザ・ロード

©IMdb

エクソシスト映画を地味と思っている人に見てほしい。

倫理的にアウトなシーンはあるけれど、暴力神父メネンデスの暴れっぷりは一見の価値があります。