タイムリー社の暗黒時代、スパイダーマン誕生へと動き出す

こんにちは、管理人のJohnです。

映画ライフ楽しんでますか?

最近、LINE追加してくれた人に「 お前は誰だ、名乗れ 」とちょくちょく来ますが、こっちのセリフであります(笑)

今回は、以前の続編「 タイムリー社の暗黒時代 」について。

タイムリー社はマーベル社の前身となった会社です。

では第4回いきましょう。

今回は少し短めです。

アベンジャーズシリーズはこの順番で見るべし(時系列)

スタン・リー編集長へ

 

第二次世界大戦から戻ったスタン・リーは、タイムリー社の編集長として活躍しました。

当時、20人ほどの部下を束ねたスタン・リーは、1つの部屋でスタッフと共同作業をしていたのですが、その部屋はブルペンと呼ばれました。

よくプロ野球チームで、リリーフピッチャーが待機している場所をブルペンと呼んだのが由来であります。

かつてのスタッフは、社長のマーティン・グッドマンがスタン・リーに現場を全て任せていたと発言していることから、現場は完全にスタン・リーが掌握していたと言えるでしょう。

現場を知りつつ、現場を任せる。

現代の仕事にも通ずるところですね。

未成年に悪影響を与えるコミック

1950年代に突入し、とある精神外科医が「 コミックは未成年に悪影響を及ぼす 」とする記事を発表したことで、コミックは社会から批判の的となりました。

この件により、タイムリー社のコミック売り上げが全盛期の1/3にまで減少。

マーティン・グッドマンは、スタンリー以外の社員を解雇する決断を下しました。

当時のスタンリーは退社を考えたと発言していますが、あのときスタンリーが退社していたら現在のマーベル社は存在しなかっでしょう。

皆が知っているスパイダーマンなどのキャラクターも世に出ることはなかったのであります。

いま考えるとおかしな話ですよね。

よく言われるじゃないですか、人を殺しまくるゲームが未成年によくないみたいな。

管理人は小さい頃にアニメ「 北斗の拳 」やゲーム「 バイオハザード 」と育ちました。

北斗の拳なんて「 あべしっ!」とか言って頭が吹き飛ぶじゃないですか(笑)

バイオなんて刺しまくってゾンビ撃ちまくるし。

それで子供に悪影響があるなんてことは、僕は懐疑的に思っています。

どう思うかは人それぞれですが!

まとめ

カール・バーゴスは、ヒューマントーチを生み出した。

ジョー・サイモンは、ジャックカービーとキャプテンアメリカを生み出した。

ジャック・カービーは、ファンタスティックフォー、X-MEN、ハルクを生み出した。

ビル・エヴェレットは、デアデビルを生み出した。

以降は、スパイダーマン誕生へと動き出す。