【 12月 】MCUフェイズ4強化月間

【 おすすめ洋画 】「 シンクロナイズド・モンスター 」韓国に出現した怪獣とシンクロして公園でバトルするというお話

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、最近みた映画『シンクロナイズド・モンスター』について。

なんかツマんなさそうだなあと思いつつ、アン・ハサウェイが好きなので見てみました。

結論、不思議な映画でした。

深ぼりしていきます。

サクッといきましょう。

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

作品情報

Colossal

公開日

2017年11月3日

上映時間

110分

キャスト

  • ナチョ・ビガロンド(監督)
  • アン・ハサウェイ
  • ジェイソン・サダイキス
  • ダン・スティーブンス
  • オースティン・ストウェル
  • ティム・ブレイク・ネルソン

予告編

作品評価

Rotten Tomatoes

評価はイマイチです。

 

 

ネタバレ・感想レビュー

好きだった点

アン・ハサウェイが出演していなければ、おそらく見ていなかったであろう作品。

とはいえ、彼女自身が今作の脚本を気に入り、喜んで出演したということでしたので、見る価値アリと思ったわけですよ。

設定(アイデア)、怪獣とロボットはよかったなあと思いました。

ガンツみたいな感じですよね、超常現象は異星人の仕業みたいな。

グロリアとオスカーが怪獣とシンクロして、ソウルに突如として現れるというガンツを思わせるような設定。

ダメ女のグロリアもよかったぜ。

嫌いだった点

今作を見終わった後、最初に感じたのは、違和感。

ぼくは、こう思いました。

『なんなんだ。この違和感は。ハサウエイ、教えてくれ』

なぜ舞台がソウルなんだろう。

猛烈にせまり来るこの違和感。

要はグロリアが超能力的なパワーを持っていて、幼少期の怒りによって怪獣とシンクロしたという話は理解できた。

オスカーは、なぜソウルの模型を踏み潰したのか?ちょっとわかんなかった。

色々と海外の記事を調べるなかで、ある事実が判明。

今作の製作会社(ボルテージ・ピクチャーズ)は東宝から訴えられていた(笑)

当初、想定されていた怪獣がゴジラに酷似していたからです。

要は、ボルテージ側がゴジラを丸パクリしたということですね。

訴訟の影響で舞台は日本から韓国に、怪獣のヴィジュアルは、ゴジラから可愛い怪獣に変更されたという経緯があったのです。

印象に残ったシーン

  • グロリアが怪獣とシンクロしていると気付いたシーン
  • 砂場でオスカーとプロレスするシーン
  • アルコール克服の話

シンクロナイズド・モンスターを配信している動画サービス

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオで今すぐ観る!

U-NEXT

U-NEXTで今すぐ観る!

まとめ

アン・ハサウェイがひたすらに可愛いですな。

全体的には微妙でしたが、なぜか嫌いになれない不思議な作品でした。

やり方次第でもっといい映画になっていたのでは?と思いました。