【 11月 】デンゼル・ワシントン月間

ネットいじめ、大炎上に思うこと【 現代社会の構図 】

こんにちは、ちこしあです。

久しぶりに映画以外のことを、徒然なるままに書くのはいいですよね。

忘備録としてブログ記事にしました。

暇なときにでも読んでください。

大炎上

平成最後の日に、大炎上した件について。

現在、メインのツイッターフォロワー数が2万人近くまで成長しまして、サブ垢(3400人)含めると2万3000人ほどですね。

インスタ、フェイスブック含めると3万人を超えます。

さすがにここまで増えると、少し発言を間違えると燃えます。

今年に入って3回ほど炎上してます。もちろん意図的ではないです。

大炎上の件で、感じたことがいくつかありました。

大炎上の件は、エンドゲームのネタバレツイートを誘発したからですね。これは反省しました。

ここで終わればいいのですが、粘着してくるアンチが多いんですよね。

ぼくは、完全にノーダメージなので問題ないです。

ただ、ネットいじめは、このようにして生まれるのだなと。

これは、いってみれば現代社会の構図です。

ぼくに対してこんなリプを送ってくる人がいました。

これは完全にズレてますね。なぜなら、

どんな対応をしたとしても一定数、揚げ足取る人、誹謗中傷する人、ぼくを嫌いな人、ぼくを妬む人が存在するからです。

つまり、アンチは絶対に減りません。

これはフォロワー数が多くて、ある程度の影響力を持たないと絶対にわからないんですよね。

ぼくみたいな雑魚でも、凄まじいアンチの攻撃を受けてます。

もちろん、反応したくないですよ。とはいえ、ぼくも心を持った普通の人間です。攻撃されたら普通に傷つきます。

自分の顔をネットに拡散されて、自分の顔を加工したコラ画像を拡散されたら誰でも嫌ですよね。

個人情報やデマを流されて反論しない方がアホですよね。反論する権利は誰にだってありますよ。

ネットいじめ

ぼくに対して、こんなリプを送ってくる人がいました。

ちょっとこれに対しても思ったことがありました。

反論しなくていいこと、反論しなければいけないことは、世の中にたくさんあります。

そのくらい、ぼくにだってわかります。

書かずにいられないのではなく、わざと書いてます。

自分の評価を下げていると言われましたが、ぼくは、自分の評価を高めるために情報発信している訳ではないです。

ぼくは、気に入られるための発信を絶対にしません。そんなのクソくらえと思ってます。そんなことするくらいなら情報発信やめることを選びますね。

ファンがそういう発言をやめて欲しいといっても聞かずとありますが、ぼくがファンならそれも含めて見守りますよ。

そもそも攻撃を受けている側が我慢しろというのは、おかしな話なわけです。

アンチの話を聞きたくないのは、自分都合の話です。フォロワーは知りたくないとありますが、ぼくがフォロワーなら別に気になりませんし、知りたい、知りたくないの話じゃないんですよ。

本来、ツイッターは、つぶやきたいことを呟く場所なんです。そうやって成長してきたSNSですから。

あとですね、気づかないのかなと言われましたが、普通に気づいてますから。

皮肉でリプ送ってくる人たくさんいますが、99%のことは気付いてます。

自分に何が足りないのかというのは、指摘されなくても、ぼくが一番わかってますから。

イケハヤさんに対して失礼です。

ぼくは、別に煽ってるわけではないです。

思ったこと、感じたことを発言しただけです。

動画のクオリティが低いだの、ブログの文体が良くないだの、いろいろと言われます。

例えば、現段階でぼくが運営しているYoutubeチャンネルに面白さとかクオリティは、求めてません。

まずは100本の動画を、どんな形でもいいのでアップしようと決めたうえで始めたYoutubeチャンネルです。

少しづつ向上していけば、いいんですよ。

ぼくは、批判のほとんどは、受け流しでいいと思っています。

なぜなら批判する人の9割は、行動すらしていないのに他人を批判するわけです。

ブログすら書いてないのにブログ運営について批判、Youtube動画すらアップしていないのにYoutubeチャンネル運営を批判。

よって、そのような批判はアドバイスとして聞いても何の改善にもつながりません。

とはいえ、的確なアドバイスをしてくださる方はいらっしゃるので、その意見は素直に取り入れています。

いい事例

何度もいいますが、ネットイジメはこうして生まれます。

幻冬舎の箕輪さんが大炎上してますが、ツイッターやってる人、この一連の流れは把握しておいた方がいいですよ。

おそらく、箕輪さん自身もアンチが相当数いると思われます。

これで箕輪さんが反論しなかったらどう思いますか?

ぼくは、これを他人事だと思えませんでした。

みんながもっと考えるべき問題だと思いました。

サブアカウント

大炎上の件もありましたので、鍵アカウント作りました。

映画の感想を話し合いたい人もいるかと思いますので、そういう人はサブ垢をフォローお願いします。

まとめ

思ったこと、感じたことを、我慢し続けることほどアホなことはありません。

ネットの誹謗中傷は、皆が思っているよりも深刻な社会問題です。

相当に闇は深いと思ってください。

皆が関心をもって正さないといけないと思いました。

攻撃されている人を傍観して、攻撃される人が悪いという人が死ぬほどいますが、アホですよまじで。

ネットの怖いところは、感覚が麻痺することです。

自分なりの考えを持つことは、大切だと感じました。

批判されても発信する勇気をもちましょう。

他人を批判しないだけで人生は豊かになるんじゃないですかね。

他人の人生じゃないですか。どう生きようがいいと思いますけどね。

ぼくは、無意味に攻撃されている人に対して、優しく声をかけてあげられる人でありたいですね。