「 キャラクター 」考察レビュー

キャラクター

管理人

映画ライフ楽しんでますか? 今回は、ペンネーム@小松糸からの投稿レビューです。

絵の才能はあるが、いまいち芽が出ない漫画家・山城は、殺人鬼・両角の犯行現場に偶然に居合わせてしまう。

それをきっかけに漫画を執筆し、ブレイクする山城。

とある事件をきっかけに、彼の運命が狂っていく。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

キャラクター

キャラクター

©キャラクター

公開日

2021年6月11日

上映時間

125分

キャスト

  • 永井聡(監督)
  • 菅田将暉
  • FukaseSEKAI NO OWARI
  • 高畑充希
  • 中村獅童
  • 小栗旬

予告編

公式サイト

キャラクター

作品評価

作品評価
映像
(3.0)
脚本
(4.0)
キャスト
(4.0)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(3.0)
グロ度
(4.0)
総合評価
(4.0)

キャラクター(感想レビュー)

キャラクター

©キャラクター

公開前からとても期待値が高く、自分なりにストーリーを想像していたので、映画を見るのは「 答え合わせ 」のような気持ちでした。

映画「 セブン 」に対するリスペクトのような瞬間もあり愛を感じた。

劇中に度々出てくる「 サイコパス 」というワード。

個人的な意見として、サイコパスというのは、一見普通そうな人がとんでもない殺人鬼だった、というような状態を指しているように思える。

そのような人が社会で生活し、もしかしたら隣の人が?

となるのが恐怖なのであり、今作の両角のようなキャラクターは、やばい人がやばいことをしている、というふうにしか見えず、サイコパス像はいまいち掴めなかった。

「 4人家族を幸せの1単位として考える宗教 」に入信する両親を持っていた両角。

その過去が、4人家族のみを彼の殺害の対象にした。

考察点レビュー

彼は生まれてはいけない3人目だったのではないかと推測する。

3人でも5人でもダメ。

4人でなければ幸せではないとされる中で、彼は5人目の家族として生まれてしまった。

そう考えたら、この映画は大体の辻褄が合う。

この宗教が世に明るみになるきっかけは、この4人の定義が崩れたこと。

だとすると、彼は5人目であり、4人家族に強い恨みを抱いていたと推測した。

両角の過去や宗教のことはあまり触れられてなかったので、スピンオフや映画第2弾などがもしあれば、そこで明かしてもらいたいと思った。

まとめ

キャラクター

©キャラクター

「 人を殺すと2日寝込むくらい大変なんだよ 」という両角のセリフから、彼もしっかりと血の通った人間であり、人が人を殺すということの残虐さを余計に際立てた。

予告でも出てきた、両角が暮らすアパートは両角役の深瀬さんが制作したそう。センスが光っていて狂気を感じた。

映画、漫画、小説と、全ての作品で展開が違うらしい。他の2つも知りたくなった。

両角役の深瀬さんは今作が映画デビュー作だが、こんなにめちゃくちゃな役でデビューしたら、これから先、どんな役たちが彼を待っているのか、とても楽しみだ。