さあ、映画ライターになろう

映画「 キャッツ 」ネタバレあり解説、本当に駄作なのか? ジェニファー・ハドソン圧巻の歌唱力

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

映画ライターさんから毎日、映画レビュー記事が上がってくるので嬉しい限りでございます。

今回は、ペンネーム(@yoko)さんからの投稿レビューです。

ではサクッと見ていきましょう。

↓ ↓ ↓ ↓

こんにちは、Yokoです。

今回はいろんな意味で注目されている「 キャッツ 」についてご紹介したいと思います。

アメリカで公開されるとすぐに酷評を浴びてしまった「 キャッツ 」

その酷評っぷりによってVFXが修正されるほどになってしまいました。

ここまで酷評される作品は最近あまりなかったため、日本では別の意味で注目される作品となってしまいました。

修正版が公開された日本で、果たして評価はどうだったんでしょうか?

それでは「 キャッツ 」のネタバレ感想をどうぞ。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

作品情報

Cats

公開日

2020124

上映時間

120

キャスト

  • トム・フーパー(監督)
  • テイラー・スウィフト
  • ジェームズ・コーデン
  • ジェイソン・デルーロ
  • イドリス・エルバ
  • フランチェスカ・ヘイワード

予告編

公式サイト

キャッツ

ネタバレ・感想レビュー

好きだった点

現実からいきなり猫の世界に連れていかれてしまい、心の準備ができないまま始まった「 キャッツ 」

いきなりたくさんの猫の登場に戸惑ってしまいました。

それでもやっぱりミュージカル。

みんな歌がうまい。

この映画の素晴らしい点はやはり歌のうまさに尽きると思います。

中でも圧巻なのがジェニファー・ハドソン。

なかなか彼女の歌をフルコーラスで聞くことができずに話が進みちょっと物足りなさを感じていましたが、ラストで圧巻の歌声が待っていました。

テイラー・スウィフトなども出演していますが、彼女の最後の歌声はすば抜けていました。

誰もが一度は聞いたことある「 メモリー 」

それをあの迫力で歌い上げられると、さすがに画面に釘付けになってしまいました。

なかなか馴染めない猫の世界の中で、あの場面だけは本当にすごかったです。

他がイマイチということもあって余計にジェニファー・ハドソンの凄さが際立った瞬間でもありました。

嫌いだった点

映画を見るにあたってあまりマイナスな見方をしないように心がげているのですが、正直映画の世界に全く入ることができませんでした。

最近の映画は世の中の出来事を比喩的に取り入れている映画が多いのですが、「 キャッツ 」にはそれを感じません。

本当の意味での娯楽と捉えればいいのかもしれませんが、それにしては猫の体が妙に生々しかったです。

純粋に音楽だけを楽しむこともできますが、途中から「 何だこれは? 」と思ってしまい入り込めなかったのが私の感想です。

110分と短い映画のはずなのに、なぜか長く感じてしまいました。

▶︎キャッツ(レビュー①

ツイッターの声

 

 

まとめ

映画の楽しみ方は人それぞれですが、残念ながら私には「 キャッツ 」は合いませんでした。

でもジェニファー・ハドソンのあの歌声を映画館の音響システムで聴けたことはよかったです。

評価がイマイチの「 キャッツ 」ですが、自分の目でその内容を確かめてみることをお勧めします。

だって映画は個人で楽しめるものですから。

みなさんがどんな感想を抱いたのかとても気になります。

▶︎ 映画ライターさんの投稿記事(まとめ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。