「 カラミティ 」考察レビュー

カラミティ

管理人

映画ライフ楽しんでますか? 今回は、ペンネーム@小松糸さんからの投稿レビューです。

実在しカラミティ・ジェーンの子ども時代を描いた作品。

家族とともに旅団に加わり、西へ向かって旅をするマーサ。

しかし、途中で父が怪我をしてしまい、マーサが家長となって兄弟たちを支える事態になってしまう。

そんな中、マーサを救ってくれた中尉を旅団に招き入れたことをきっかけに、盗みの疑いをかけられてしまう。

 

画像の引用元:公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

カラミティ

カラミティ

©カラミティ

公開日

2021年9月23

原題

Calamity, une enfance de Martha Jane Cannary

上映時間 

82分

キャスト

  • レミ・シャイエ(監督)
  • サロメ・ブルバン
  • アレクサンドラ・ラミー
  • アレクシ・トマシアン

予告編

公式サイト

カラミティ

作品評価

作品評価
映像
(4.0)
脚本
(3.0)
キャスト
(2.0)
音楽(BGM)
(2.0)
リピート度
(3.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(4.0)

カラミティ(感想レビュー)

カラミティ

©カラミティ

 

色使いや絵が斬新で、1時間半ずっと絵画を見ているような感覚になった。

特に、夜空の中を馬で駆け抜けるシーンが好きだ。

空一面に広がる星と、馬の疾走感、全身で風を浴びているのが伝わってきて、とてもお気に入りのシーンになった。

日本ではあまり馴染みのない時代背景だが、物語がスッと入ってくるのは、トラブルメーカーの主人公や、その周りのキャラクターたちに惹き込まれていったからだと思う。

「 女だからスカートを履かなければいけない 」

「 馬の操縦は男の仕事 」と、とにかく男女の壁がある。

とにかく「 女性らしく 」を強要される環境の中で、マーサは短髪で父のズボンを履き、皆が寝静まった後に馬の操縦の練習を欠かさない。

周りからは変な目で見られ、いじめの対象となってしまう。

持ち前の活発さで歯向かっていくが、盗みの共犯の疑いをかけられたことでマーサは責任を感じ、盗まれたものを取り返すため旅に出る。

マーサは12歳の女の子だ。

馬と犬を連れ、自分が招いたトラブルのためしっかりと責任と向き合う姿は、ただ旅をする映画というテーマではなく、目的を持って彼女が成長していく作品だと思った。

旅先でも様々なトラブルが起こる。

しかし、彼女と出会う人々は皆、必ず笑顔を取り戻していく。

マーサは無意識だと思うが、彼女の明るさや純粋さに救われていく人が多い。

無意識だからこそいい。

何も見返りを求めないマーサの優しさが、人の心を救っていくのだと感じた。

最初の頃はできなかった火起こしも、最終的には早いスピードで火がつくようになる。

無意識だと思うが、彼女の好奇心や観察眼にも勇気づけられる人もいるだろう。

マーサは根っからの主人公だと思った。

マーサは旅を続けるにつれ、責任感や強さを身につける。

12歳の女の子が、大人に頼らず自らの手で道を切り拓いていく。

少女から女性へ、そして頼れる大人になっていく、大きすぎる一歩だと感じた。

まとめ

カラミティ

©カラミティ

子どもにこそ見てほしい作品だと思ったし、字幕と吹替の両方あるので、老若男女楽しめる映画だった。

子どもから見える大人、大人から見える世界が、1時間半の中に凝縮されていた。

親子で鑑賞しても、友達や恋人と見ても、ワクワクできるこの秋のおすすめの1本だ。