【 Netflix 】「 僕らをつなぐもの 」考察レビュー

僕らをつなぐもの
  • URLをコピーしました!
管理人
今回は、ペンネーム@ジョナさんからの投稿レビューです。

素敵な家族映画でした。

しかし「 普通 」の家族ではありません。

青年レオネは、同性婚をした二人の父親を持ちます。

他の家族(の)映画と比べながら、今作の魅力を記します。

画像の引用元:IMdb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

僕らをつなぐもの

僕らをつなぐもの
©︎僕らをつなぐもの

公開日

2022年3月4日

原題

Il filo invisibile

上映時間

90分

キャスト

  • マルコ・ポッチオーニ
  • フィリッポ・ティーミ
  • フランチェスコ・シャンナ
  • フランチェスコ・ゲギ
  • マッテオ・オスカル・ジウジョッリ
  • ジュリア・マエンザ

予告編

公式サイト

僕らをつなぐもの

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

二人の父を持つ、主人公のレオネは、学校の課題の一環で製作ドキュメンタリーとして、自分の家族の姿を撮っています。

二人の父といえば、「 そして父になる(2013)」が思い浮かびますが、新生児取り違えと、ゲイ同士の同性婚なので、状況は異なります。

また、複数の父を持つという点では伊坂幸太郎原作の映画「オー!ファーザー(2014)」も浮かびますが、母が一人と四人の父という設定にも当てはまりません。

それぞれの父が、(誰が遺伝子的に本当の父なのかという)DNA判定を避けている点と、息子が真っ当に育っている点は似ていますが。

親の愛情をしっかりと受けることが、子どもの成長にとって大事だということですね。

今作では、序盤に、とても幸せそうな家庭の様子が映し出されるのですが、二人のうちの一人の父シモーネの同性不倫を、もう一人の父パオロが知ることで、レオネのガールフレンドも同席した、父二人の結婚20周年記念のディナーは、修羅場に変わります。

問題を抱えた、素敵な家族たちがドタバタを演じる作品といえば「 リトル・ミス・サンシャイン(2006)」も傑作でしたね。

今作も、コメディー風ながらもシリアスな問題を描いていながらも、最後までハートフルな展開で、家族のあり方を考えさせられました。

また今作のテーマは、LGBTですが、セクシュアリティとは、全ての人が当事者であるということを教えてくれます。

「 恋愛は異性とするべきだ 」

「 男(女)はこうあるべきだ 」

という価値観こそ、改めていきたいと思いました。

今作の舞台であるイタリアだけでなく、日本も、LGBTの権利に対しては、まだまだ後進国であるということに思い至りました。

さて、二人の父親に育てられ、クラスメイトにもガールフレンドにも誤解されながら、それでも、現在の社会の認識のあり方に異議を唱えた、レオネの作品が完成します。

主人公はレオネであり、その家族であり、また私たちでもあるのです。

まとめ

僕らをつなぐもの
©︎僕らをつなぐもの

レオネの家族を描いた作品の試写会は、多くの観客に親密な拍手で迎えられます。

彼の作品には、どのようなメッセージが込められているのでしょうか。

どうかご自身の目と心で、ご観賞下さい。

僕らをつなぐもの

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアしてね
  • URLをコピーしました!
目次