【 Netflix おすすめ 】「 ブラッド・レッド・スカイ 」考察レビュー

ブラッド・レッド・スカイ

管理人

映画ライフ楽しんでますか? 今回は、ペンネーム@もうthe大学生さんからの投稿レビューです。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

ブラッド・レッド・スカイ

ブラッド・レッド・スカイ

©ブラッド・レッド・スカイ

公開日

2021年7月23日

原題

Blood Red Sky

上映時間

123分

予告編

キャスト

  • ペーター・トアバルト(監督)
  • ペリ・バウマイスター
  • アレクサンダー・シェーア
  • カイス・セッティ

公式サイト

Blood Red Sky

作品評価

作品評価
映像
(3.0)
脚本
(4.0)
キャスト
(2.0)
音楽(BGM)
(1.0)
リピート度
(2.0)
グロ度
(3.0)
総合評価
(3.0)

ブラッド・レッド・スカイ(感想レビュー)

ブラッド・レッド・スカイ

©ブラッド・レッド・スカイ

「 吸血鬼 × ハイジャック 」のアイデアが画期的で面白かったです。

ハイジャックという逃げ場のない状況に、吸血鬼がいるという設定が加わることで、より緊張感と恐怖感がプラスされていました。

吸血鬼のビジュアルが怖く、人の肉をえぐって血を吸うシーンなど、グロテスクなシーンも多いので苦手な人は注意が必要。

ナディア(主人公)とエリアス(息子)が乗った飛行機がハイジャックされてしまい、ナディアは息子を守るために吸血鬼の力を開放します。

途中でなぜナディアが吸血鬼になったのか、どうやって衝動を抑えているのか?

これが説明されている点もよかった。

ナディアの吸血鬼姿に怯えながらも、団結していく姿がよかったです。

最も印象的だったのは親子愛。

エアリスはナディアの真実を知り動揺しつつも、ナディアを母として愛しています。

ラストで吸血鬼が蔓延するのを防ぐために、母も乗る飛行機の爆破スイッチを押します。

小さな年齢でその決断ができるエアリスの意志の強さに感動しました。

まとめ

ブラッド・レッド・スカイ

©ブラッド・レッド・スカイ

今作のアイデアは良かったものの、その他が普通すぎました。

アクションシーンにしても突出した派手なアクションがあるわけでもなく、ホラー系特有のビックリするシーンも少なかったですね。