【 Netflix 】「 氷がすべてを隔てても 」考察レビュー

氷がすべてを隔てても
  • URLをコピーしました!
管理人
今回は、ペンネーム@ジョナさんからの投稿レビューです。

グリーンランドに人生を捧げた探検家ミケルセンと、同行者アイバーの長い長い極限生活。

前知識がなくても大丈夫です。

「 探検家は身軽でないと、遠くに思いを馳せられないから 」

画像の引用元:IMdb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

氷がすべてを隔てても

氷がすべてを隔てても
©︎氷がすべてを隔てても

公開日

2022年3月2日

原題

Against the Ice

上映時間

103分

キャスト

  • ペーテル・フリント(監督)
  • ニコライ・コスター=ワルドー
  • ジョー・コール
  • ハイダ・リード

予告編

なし

公式サイト

氷がすべてを隔てても

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

氷がすべてを隔てても
©︎氷がすべてを隔てても

1905年、グリーンランドではアメリカの探検家ピアリーによって、ピアリー島の存在が主張された。

そこはアメリカ領とされていました。

しかし、1910年3月、グリーンランドは1つであることを証明するために、デンマークの探検家ミケルセンが、先人の残した証拠を見つけに行きます。

すでにチームでの過酷な1年間の探索を終えていたので、引き続きの旅は整備士であるアイバーのみが同行することに。

「 南極物語(1983年)」での、南極観測隊と同様に犬ぞりを利用するのですが、犬たちの健気さと、その末路には観ていて辛いものがあります。

犬好きの人は、閲覧注意ですね。

極寒サバイバル生活の苛烈さは「 残されたもの(2018年)」でも描かれていました(主人公を演じた俳優がミケルセンと同名なのは偶然)

今作の凄さは、実話ベース(主人公の手記が原作)であること。

探索1日目から始まり、26日目、48日目、84日目…とキャプションが表示されることから、果てしなく感じられる長い長い道のりに、観ているだけでも絶望感が募ります。

164日目にして、チームから置き去りにされたことを知る2人。

一番怖いと感じたのは、ホッキョクグマの襲撃よりも、人が少しずつ正気を失っていく様子でした。

スティーヴン・キング原作映画の「 シャイニング(1980年)」でも、ジワジワと主人公が狂気に取り憑かれていく怖さがありましたね。

真実を手にしても、それを世界に伝えるすべがなければ、何もなかったことと同じになってしまいます。

だからこそ、すぐれた本や映画を後世に残すことは大事なのだと思います。

さて、○○日目、2人の勇者たちと共に迎える驚愕の結末とは?

まとめ

氷がすべてを隔てても
©︎氷がすべてを隔てても

観賞時のお供には、熱いコーヒーをお勧めします。

ただし、あまりに寒くなりすぎて、すぐに冷たくなってしまいますが。

それから、もしもの時のための、置き手紙も忘れずに。

氷がすべてを隔てても

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアしてね
  • URLをコピーしました!
目次