さあ、映画ライターになろう

全人類の共通目標 SDGs(エスディージーズ)って何? – Leave no one behind

SDGs

こんにちは、Johnです。

当メディアを以前からずっと読んでくれている読者さんは、僕がブロガー、ライター出身だと知っている人も多いかと。

僕自身もともとSDGsライターとして活動していたこともあるため、以前から会社としてSDGsを重要視していきたいと考えていました。

SDGsに関するお題は、映画レビュー記事の中でも度々取り上げてきました。

今思えば、学生時代から社会問題には関心が強い方だったのかなと思います。

国内におけるSDGsの認知度は依然として低いままであり、いかに多くの人にわかりやすい発信ができるのか?

これが大切であると考えます。

今後は当メディア、Youtubeチャンネル、VimeoにてSDGsジャンルをわかりやすい形で発信していきます。

今日は、最初のSDGs記事ということもありますので、基本的理解を深めていければと。

では早速いってみましょう。

 

画像の引用元:外務省公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

 

SDGsの基本知識

SDGsって何?

ここからは、小学生でも分かるように超絶シンプルに説明していきます。

SDGsは、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)のことを指します。

読み方は、エス・ディー・ジーズ。

ニューヨーク国連本部において「 国連・持続可能な開発サミット 」が開催されました(2015年9月)

国連加盟国(193ヵ国)により採択された合意文書「 私たちの世界を転換する:持続可能な開発のための2030アジェンダ 」がありまして、

そのアジェンダに記載されたのがSDGsというわけですね。

世界中に存在する多くの社会問題を解決するため、17のゴール、169ターゲットが定められました。

スローガンは「 誰ひとり取り残さない 」= leave no one behind

SDGsは、国連加盟国が一体となって定めた全人類の共通目標と覚えておきましょう。

SDGsの期限は2030年でして、今の若い世代(小中高生)が未来の主人公となっていくでしょう。

ちなみに、SDGsの前身はMillennium Development Goals=MDGs(ミレニアム開発目標)です。

読み方は、エム・ディー・ジーズ。

MDGsをさらにブラッシュアップした目標がSDGsと覚えておきましょう。

SDGsの認知度(国内)

僕の体感ではありますが、例えば身近な10人に「 SDGsって知ってる?」という質問をすると、

知っていると答える人は1人いれば良い方ですね。

それほど認知度は低い。

これはメディアで放送される回数が少ないのも問題ですが、発信する人が少ないというのも問題かと。

もっともっと目線を落としてSDGsを発信するべきだと思いました。

なぜなら、SDGsというジャンル自体が一般人からすると理解が難しいからですね。

ここでの目線を落とすという意味は、誰が読んでも、誰が見ても分かるレベルまで噛み砕いて説明するということです。

SDGsを身近に感じないというのが大きな理由ですが、これをいかに身近な問題として認識できるのか?

これが大切なのかなと思います。

Youtubeチャンネル

今年からYoutubeも配信中。

チャンネル登録する

公式LINE

今年から公式LINEを始めました。

主な配信内容は下記の通り。

  • 最新の映画情報
  • 映画グッズの通販情報
  • お得な割引クーポン
  • プレゼント企画

お友達に追加する

まとめ

今日は、SDGsというものが存在するのだということを認知してもらえたらOKです。

知らないことは恥ずかしいことではありません。

学べばいいからです。

SDGsを通して僕たちに何ができるのか?

どのようにビジネスに活かしていくべきなのか?

形はなんでもいいと思います。

認知を広げるために発信することもアリかなと。

次回は、SDGsの17ゴールに絞って解説していきます。