Netflixドラマ「 三体 」第3話レビュー【  登場人物の相関図付き 】

当ページの画像はIMDbまたは公式サイトより引用
  • URLをコピーしました!

リアル過ぎるVR(仮想現実)ゲームに没頭するジンとジャック。

複雑なゲームの謎解きの先に、待ちかねていたエンディングとは。

そして、明かされる三体の正体。

あわせて読みたい
Netflixドラマ「 三体 」第2話レビュー【 あらすじ・キャスト・相関図 】 全世界が目撃した、星空のウインク。 起源は、中国の文化大革命の時代にあるのか。 人類に絶望した天体学者、リアル過ぎるVRゲーム、そして謎のカウントダウンは? http...
目次

三体

©︎3body problem

あらすじ

VRゲームに夢中になっているジンとジャックは、複雑なゲームの謎を解き明かそうと力を合わせて奮闘するが、レベルを上げていった先には、恐ろしい事態が待ち受けていた。

原題

3 Body Problem

公開日

2024年

上映時間

54分

予告編

キャスト

  • デレク・ツァン(監督)
  • ジェス・ホン
  • リーアム・カニンガム
  • エイザ・ゴンザレス

公式サイト

三体

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

相関図

©︎Netflix Japan 公式Xより引用

三体(第3話)考察・解説レビュー

©︎3body problem

原作が映像化不可能と言われながら、それを実現させてしまっている本作。

そのうちの一つが、VRゲームです。

原作ではボディスーツを着用していたのに対し、ドラマでは、頭に装着するだけというマイナーチェンジを行っています。

現人類では、何百年も先になるであろう技術が、使われているゲーム機。

筆者が最も危惧したのは、「 ハリーポッター 」シリーズの映画化がそうであったように、原作が読者の想像力を最大限に引き出してくれるのに対し、実写化はそれを限定させてしまい、

それによって、ファンは幻滅してしまうのではないか、ということです。

原作者、劉慈欣の短編に「 円 」という傑作があり、それは、秦の始皇帝の10万桁の円周率を求めよ、という命令に対し、荊軻(けいか)が、300万人の兵で人間計算機を起動させる、という内容でした。

6年前に「 折りたたみ北京 」という中国SFアンソロジーで読んだ、圧巻のシーンが、映像で再現されます。

しびれました。

今話の衝撃のラストで、張り込みの刑事が車内で聴いていたのは、レディオヘッド。

それは、筆者が、それを観る前の朝に聴いていた曲と、全く同じ曲でした。

三体に、見られている。

本能が、そのように告げたのでした。

きっと、この記事を書いている今も。

執筆者

文・ライター:ジョナさん

あわせて読みたい
Netflixドラマ「 三体 」第4話レビュー、シーズン2の続編に期待したい 地球外生命体を崇拝する、カルト組織。 潜伏捜査に協力することを決意したチェン博士。 集会で待ち受ける衝撃の展開は、まだ始まりに過ぎない。 https://chicosia.com/3...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェア
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次